【WordPress】納品前に確認したい管理画面カスタマイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトにWordPressを導入したいというご要望は年々増えています。
受託で制作するサイトでは、WEBに慣れない人でも更新作業を行えるように、WordPressの管理画面をより使いやすくする必要があります。

今回は、クライアントに納品する前にやっておきたい管理画面のカスタマイズをご紹介します。


ログインURLを変更する

WordPressはデフォルトでは必ず「http://xxx.co.jp/wp-login.php」の形になっていて、ログインURLが分かってしまいます。
誰でもログイン画面にアクセスできる状態は良くないので、ログインURLを独自のものに変更しましょう。

プラグインLogin rebuilderを追加する

ログインURLを変更するには、Login rebuilderというプラグインを使用するのが一番簡単です。

プラグイン画面からLogin rebuilderをインストールし、有効化します。

プラグインの設定画面です。

「新しいログインファイル」の欄からURLを入力し、[稼働中]にチェックをいれて保存するとURLが変わります。
実際にログアウトして確認してみると良いでしょう。

詳細な内容は下記の記事にて取り扱っています。
▽WordPressのログインURLを変えるときは『Login rebuilder』を使おう
https://blog.8bit.co.jp/?p=18183


管理画面の不要なメニューを非表示にする

例えばコーポレートサイトでは、コメント機能はほぼ使用しません。
管理画面からも触れないようにしてしまいましょう。

編集するファイル: functions.php
※functions.php はテーマフォルダの中にあります。外観メニューからも編集できます。


remove_menu_page( ‘ページファイル名’ ); で、メニューを非表示にすることができます。
カッコの中に、ページのファイル名を入れましょう。ページのファイル名を調べるには、実際にそのページを開いて、URL欄を確認します。コメントメニューの場合は edit-comments.php と記載します。

複数登録したい場合は、remove_menu_page()を追加します。


投稿のカテゴリー選択肢をradioボタンに変更する

投稿のカテゴリーはデフォルトではcheckboxになっています。サイトの構造上複数選択しないで欲しい場合は、radioボタンに変更しましょう。

編集するファイル: functions.php


管理画面の[タグ]を非表示にする

もし投稿の[タグ]メニューを使用する予定がなければ、こちらも非表示にしましょう。

編集するファイル: functions.php


投稿の一覧画面に表示する情報を整理する

投稿の一覧画面に表示される内容は、デフォルトでは使用しない情報が含まれていたり、足りなかったりします。
サイトの構成に合った内容を表示するように変更しましょう。

プラグインAdmin Columnsを追加する

一覧画面に表示する内容を変更するには、プラグインを追加するのが一番簡単です。
プラグインの「Admin Columns」を追加して、有効化しましょう。


プラグインの設定画面です。

ここから投稿タイプを選択して使用します。

詳細な使い方は、こちらの記事で紹介しています。
▽WordPressの投稿一覧画面をカスタマイズするなら『Admin Columns』
https://blog.8bit.co.jp/?p=19444

投稿タイトルのplaceholderを変更する

投稿やカスタム投稿のタイトルを入力するテキストフィールドですが、デフォルトでは「タイトルを追加」になっています。投稿の種類に合わせて変更しておくと、分かりやすくて親切です。

編集するファイル: functions.php

XXXXXの箇所には、変更したいposttypeを入力してください。
※デフォルトの投稿のplaceholderを変更したい場合は、「post」にします。
また、$titleには、placeholderに実際に表示させたい文字列を渡します。

複数変更したい場合は、下記のようにif文の条件を追加します。


テキストエディターをクラシックモードに変更する

WordPressの新しいブロックエディターですが、難しくて使いづらいというご意見をよく頂きます。
変更するかどうかはクライアントのご要望次第ですが、クラシックエディターに変更しましょう。

編集するファイル: functions.php


また、クラシックエディターのビジュアルモードで使用できるタグは、h1~h6くらいまであります。
ここまでは使用しませんし、styleの設定も大変です。多すぎる場合は、不要なタグを削除しましょう。
こちらもあわせてfunctions.phpに追記します。


記事の編集中もテーマと同じ見た目になるようにCSSを適用する

記事の編集中は、デフォルトのままだとテーマと見た目が異なるため、分かりにくいです。
エディターにも表の画面と同じCSSを追加しましょう。

これは前項にも関連するのですが、クラシックエディターを使用しているか、ブロックエディターを使用しているかで記述方法が変わります。

編集するファイル: functions.php

クラシックエディターの場合

ブロックエディターの場合


これで、editor-styles.css というファイル名のCSSがテキストエディターに適用されます。
いずれもCSSファイルはテーマフォルダの直下に置いて下さい。また、異なるファイル名のCSSを適用したい場合は、記述内のファイル名を変更してください。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

プログラミング

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ②

前回はLINE Developersでチャネル登録までを行いました。 今回は実際にPHPでログインを実装していきます。 目次1 初期設定を定数にする2 LINE ログインのURLを作成する3 コールバック時の処理4 最後に 初期設定を定数にする 最初にdefineでチャネル登録した情報やAPIのURLを定義します。 メールアドレスを取得したい場合はLINE_SCOPEに「email」を追記してください。 LINE ログインのURLを作成する LINEログインに利用するログイン […]

Webサービス

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ①

今回はLINEログインです。 LINEログインは他のソーシャルログインと違って、電話番号必須なので、ユーザーがアカウントを無限に発行するということがなく、しかもOSに関係なくアカウントを使用できるので、特にB2Cサービスを考える場合には是非導入を進めたいと思います。 逆に法人サービスで使う場合、法人担当者が個人のLINEアカウントを使用することはないと思うので、あくまで個人向けサービスがよいかなと思います。 LINEログインについての概要はこちらに詳しく書いています。 htt […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。