WordPressのログインURLを変えるときは『Login rebuilder』を使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのログイン画面のURLをデフォルトのままにしておくと、セキュリティ面で少々心配になりますね。
そこで今回は『Login rebuilder』というプラグインを使って、URLの変更をしましょう。

まずはインストール

プラグイン>新規追加からLogin rebuilderをインストールして『有効化』してください。



設定をしていこう

有効化をしたら、設定>ログインページを開いてください。


無効なリクエスト時の応答

元のログインページにアクセスされたときの挙動を設定できます。
サイトトップへリダイレクト』を選んでおくのが無難だと思います。

ログインファイルキーワード

下で書きだされるログインファイルのキーワードを設定できます。
特にこだわりがなければ初期で設定されているランダムの文字列で問題ないかと思います。

新しいログインファイル

ここでログイン画面の新しいURLを入力します。ランダムの文字列を使うなどするのがおすすめです。


第2ログインファイル

第2ログインファイルでは、権限別でのアクセスを設定できます。
ここも上記と同じ要領で入力して、権限を設定してください。


新しいログインファイル

ログイン画面の新しいURLを有効化しても問題なければ『稼働中』にしてください。


ログ保存まわり

この辺りは任意で設定してください。こだわりがなかればデフォルトでいいと思います。


著者ページへのアクセス

著者ページからユーザーIDがわかってしまうので、基本的に無効化がおすすめです。が、ブログ系のサイトですと困ることもあると思うので内容によって適宜変えてください。


oEmbed

oEmbed情報からユーザーIDがわかってしまうの可能性を防げます。任意のものに設定してください。


その他

ここは用途に応じて設定してください。


不正ログイン対策に、ぜひ『Login rebuilder』を使ってみてください!


執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

プログラミング

【phpdotenv】PHPで環境変数を取り扱うお話

PHPでサーバーの環境ごとに設定ファイルを用意する場合、config.phpなどのファイルにデータベースの接続情報やAPIのキーなどをdefineで登録すると思います。 これは昔からある一般的なやり方ですが、例えば「ローカル環境やテスト環境と本番環境で情報を出し分けたい」「GitHubやSubversionなどに接続情報を管理されたくない」ということがあるかと思います。 Linuxの場合は「.env」でユーザーごとの情報をあらかじめ設定することが可能ですが、PHPだとデフォル […]

Webサービス

【CAPTCHA系】reCAPTCHAの代替サービスを紹介するお話

みなさん、reCAPTCHAを使ってますか? CAPTCHAと呼ばれる機能は問い合わせフォームやログインフォームなどいわゆるbot系対策として有効で、その中でもreCAPTCHAは無料かつ簡単に導入できるたため、様々な場所で使われてます。 目次1 2024年4月から実質有料化?2 他にないのだろうか?3 アカウントを作る4 PHPでの実装5 最後に 2024年4月から実質有料化? しかし、2024年4月から今まで100万リクエストまで無料だったのが、1アカウント合計1万リクエ […]

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。