【怖くないJavaScript + jQuery】デバッグのススメその2 ~デバッグクイズ:初級編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様仕事始めも無事迎えられたようで、如何お過ごしでしょうか。週も半ば、エンジンはかかりましたでしょうか。渋谷は生憎のお天気ですが、今日も張り切って参りましょう。

さて、今日は前回に引き続き、javascriptのデバッグについて書いていきたいと思います。
デバッグのやり方は分かったはいいものの、実際にやってみないとどんな風に使うものかピンとこないと思います。今回はクイズ形式で見て慣れていってもらいましょう。各出題にデモページを作っていますので、HTMLをコピーしてローカルで試してみてもOKです。答えはページ後半で。

問題定義

全ての問題は、jQuery(ver1.7.1)が正しく読み込まれており、下記の「ここから」「ここまで」のコメントの中の記述とします。HTMLが変わる場合は各出題に記述します。




出題


【問1】alert を表示させて下さい。
そもそもalertが動きません。alertを表示させてください。

問1のデモ



【問2】メッセージ「ddタグの数はn個です」数がおかしい
ddタグの数を「.length」でカウントし、pタグに表示させています。数が違うので直してください。

問2のデモ


【問3】メッセージ「n番目のリストをクリックしました」の数値がおかしい
liをクリックした時に、何番目のリストをクリックしたかメッセージを表示させたいが、番号1つ少ない。

問3のデモ


【問4】左の矢印を押しても右に動いてしまう
矢印をクリックすると、左右に20pxずつアニメーションするようにしてください。(ヒントでif文の中にconsole.logを記述しています。)


問4のデモ

答え


【問1】alert を表示させて下さい。
alertの綴りをミスしています。



【問2】メッセージ「ddタグの数はn個です」数がおかしい
lengthでdtタグの数を取得しているので、3行目をddに書き換えます。



【問3】メッセージ「n番目のリストをクリックしました」の数値がおかしい
「.index()」でタグの順序を調べた時に返ってくる値は、「0番目」からカウントされます。ですので、文字で表示する場合はどこかで数値を+1してやる必要があります。



【問4】左の矢印を押しても右に動いてしまう
if文の中で、左右を押した時の処理を分けて書いています。右に押した時は+20であっていますが、左を押した時も+20されているので、加算から減算に修正。









株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。