【怖くないJavaScript + jQuery】デバッグのススメ ~なぜ動かないのか調べる~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jQueryのコードを見よう見まねで書いてはみるものの、動かず、そして結局諦める。初心者の方ならよくあることかと思います。今日は「なぜ動かないのか」を調べる方法を書こうと思います。デバッグの方法ですね。書いたコードのどこがおかしいのか調べて、直してみましょう。


方法は2つ

デバッグの方法ですが、2つあります。アラートで出してしまうか、コンソールを使用する方法です。私は、一か所だけちょっと調べたい時とかはアラート、複数個所あったりする時はコンソール、と使い分けています。 

01.アラート

アラートデモ

02.コンソール

コンソールデモ

アラートはぽんと出てくるので分かりやすいですが、コンソールは、各ブラウザの開発者ツールやfirebugなどの「コンソール」窓を確認すると現れます。

firefox – firebug


Chrome


これらを一体どうやって使うかというと、例えば取得してきた値がどうなっているか調べたり、if文のどっちを通過しているか調べたり…想定していた動きになっているかひとつひとつ調べていきます。

例えばこんな感じ。

変数「i」の値をアラートするという処理なので、こちらの表示結果は「0」になります。「”」で囲むと単純に文字列がアラートされるので「alert(‘i’)」としてしまうと結果は「i」になってしまうので注意してくださいね。ちなみに文字列と繋げてアラートさせたい場合は、「alert(‘iの値は’+ i + ‘です!’)」と+を使用して繋げることができます。これで「iの値は0です!」とアラートされます。
もちろん、アラートで書いているものはconsole.logでも置き換えられます。

次は、if文のどちらを通過しているか調べてみましょう。

さて、なんてアラートされるでしょうか。

デモで確認

デモの直後に正解を書いててアレなんですが、正解は「ifを通過」と表示されます。もしiが1であれば、elseを通過と表示されます。
何かコードを書いてみて動かない時は、本当に想定した値になっているか、一度調べてみましょう。

例を置いておきます

最後に、どんな風に使うものか、例を置いておきますね。

結局windowの高さいくつになってるの

デモで確認

今iの値はいくつ?

デモで確認
(思わせぶりな書き方ですが、実は代入がうまくいっていなくて結果はどちらも0になります。本当は2回目を i = i+100 にしないといけません)

今のURL


デモで確認







株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。