Web制作会社でWebサービス作るなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内でWebサービスをやって利益を出していこう、Webサービスで一発当てようというのはWeb業界における制作会社であれば、たいてい一度は考えたことあると思います。

当社もWebサービスの運用と受託制作をきっちり2本柱でやっていきたいという思いはあります。

会社でWebサービスを立ち上げる時、単純に面白そうだから、とか流行っているからで始めると、なかなかに芽が出ず「リリースしたのは良いけどどうするよ。。誰の責任だよ」みたいなよろしくない感じになってしまいます。
(当社でもそういったことは多々あります。)

個人的には制作会社で作るなら、実際にビジネスで使える、会社内や業界内で使えるものを作ったほうがよいのではないかな、と思っています。
制作会社といっても規模は様々ですので、当社のような少人数のWeb制作会社が作る場合です。

Webサービスというと大手のSNSやゲームサービスなどが注目されていて、実際に利益も半端じゃないので、どうしてもBtoCのサービスを作ろう!と考えがちです。

でもWeb制作会社が作るなら、まずは実際に現場の声を聞いているのでピンポイントで使ってくれる人がいるものが良いのかなと最近思います。
(ECショップなどもBtoC向けのサービスではありますが、ここではのぞきます。)

個人向けのサービスは飽和状態にもなっていて、今からリリースするにはよほど斬新かつ飽きられないものでなければ利益を出していくのは難しいと思います。

今回は、今年もBtoCとBtoBのWebサービスを実際に運用してみて思うところを書いてみます。
BtoCのデメリットとBtoBのメリットみたいな感じになっていますが、今のところ運用していて思う本当のところです。

これから奮起一発Webサービスを立ち上げようという方の参考までに。

BtoC(個人向けWebサービス)

飽きられることも想定しておかないといけない。

BtoCのサービスでリリースした時に注目されると快感です。
これはBtoCならではの作る楽しさだとも思います。

でも個人に向けたサービスはtwitterやFACEBOOKみたいにみんなが使って定着しているようなものでないと飽きられます。
「一時期話題になったけど、あれまだやってんの?」 そうなるのが結構早いと思います。

自社で作ったものでも他社が作ったものでも、個人に向けたWebサービスの寿命は短いものが多いと思います。

広告宣伝費をそれなりに見ておかないといけない。

個人向けサービスというと「人が集まれば」というところに尽きると思うのですが、この人を集めるのが、特に名もない制作会社が行うのは難しい。
大手の企業がリリースするとそれなりの注目を浴びますが、そうでもない限りはよほどのものをリリースしないと、多くの人を集め続けるのは至難の業です。

そうするとやはり広告やPRなどの施策をしないといけません。
ここで結構お金がかかります。

下手すると開発費以上にお金をここにかけないといけないので、それなりに覚悟して投資しないといけないです。

広告収益はよっぽどのサービスでないと見込めない。

Webサービス=広告収益というビジネスモデルが安易に考えられますが、実際に個人で食べていくぐらいであれば、GoogleAdsenceやアフィリエイト広告を仕込んでいれば良いと思うのですが、スポンサー企業から広告費をいただくというのは並大抵ではありません。

少なくとも少数精鋭でやっている制作会社がスポンサーを得るために売り込みに回ったりするのは至難の業だと思います。

BtoB(法人向けWebサービス)

実際のニーズがあるものを作れる。

受託制作を行っていると色々なクライアントの要望が聞けます。
むしろ制作はオーダーメイドなので要望しかありません。

要望を分析していると、同じ業界内で同じようなニーズがあったり、みなさん同じようなことで不便な思いをしているのがわかります。
そうすると、

売り込み先が明確。

企業向けということは、業種などはピンポイントで絞られているので、使ってくださいね!というアプローチがしやすいです。
個人向けですと対象のターゲットがい過ぎて、プロモーションに長けている企業でない限り、ターゲットにアプローチするのが難しいです。

提案やコラボ、カスタム導入などの企業間取引が生まれる。

企業向けのサービスを作っているとクライド提供していても、必ず自社用に同じものを作りたいという企業様はいらっしゃいます。
また、同じようなシステムを自分のクライアントに導入したい、などの他の企業様のビジネスツールとしての取引も生まれます。

——–

最後にBtoBでもBtoCでも同じですが、Webサービスをリリースした以上、運用として改善やユーザーサポートは必要です。

受託制作をやりながら誰が担当するの?といったこともきちんと取り決めておいた方が良いですよ。

どちらが企画や作っていて楽しいかと言ったら個人サービスだと思います。
アイデアも業界に特化したビジネス向けというのは、普通にはなかなか思いつきません。

でも、制作会社が作るとしたら、クライアントと接しているという強みは活かした方が、使っていただけるサービスを作れるのではないかな、と思います。

執筆者:高本

株式会社8bit 取締役の高本です。 社内のWebサービス企画、プログラミングや、売上・請求管理にいたるまで幅広く担当しております。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。