Webディレクターも抑えておいた方が良いかと思うバグ報告のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。株式会社8bitの高本です。

最近リリースしたサービスの品質強化と改善を行っているのですが、テストをする人と直す人の間のコミュニケーションは、結構難しいと再認識しました。

開発者は無意識に正常ルートをたどってしまうので、開発者のテストは正直あてにはならないことが多いです。

出来るだけ、開発していない方がテストをやることが良いと思いますが、思いもよらないバグの発生をどうやって伝えたら分からない、うまく伝わらないということがあります。

正確に情報が伝わらないと開発者もテストしている人もイライラしてなかなか思うとおりに品質向上へ繋がりません。

そこで、最近テストをしてもらっていて、開発者の目線からテストをしてもらってどういう情報が欲しいというポイントをまとめてみました。

Webサービスを作っているチームにテスターという明確な位置づけの方がいらっしゃらない場合が多いです。Webディレクターの方がテストをすることも多いかと思います。

ということでタイトルに「Webディレクター」と入れてみました。

開発者の方やサービスの内容によってはもっと欲しい情報があるのかもしれませんが、個人的に思ったことです。

開発者とバグのやり取りでうまいこといかないときの参考になればと思います。



1. 再現データ

添付ファイルや入力項目へ入力した文字列など何を入力やアップロードしたのか、正確なデータを報告します。もし、忘れてしまった場合でももう一度思い出しながら同じバグを再現させてなるべく、正確にデータを記録しておいて欲しいです。

2. エラーが発生した画面の前とその前の画面

エラーが発生した画面もそうですが、直前の画面の情報(URLなど)が欲しいです。
結局エラーは直前の動作が原因で起きるわけで、どの画面で操作をしたのか、操作したその前に何か登録したのか?などの詳しい情報が欲しいわけです。

3. どのボタンやリンクを押したのか?

どのボタンやリンクをクリックしてエラーが発生したのか?
複数のボタンやリンクがある場合は一応報告してもらえると助かります。
もし、クリックしていない場合もそのことを書いて欲しいですね。たまにEnterキーを押して、全然別のボタンにフォーカスが当たっていたりすることや、Enterキー押下に対応していないこともあったりするので。。


4. 使用ブラウザとそのバージョンやOS情報


ブラウザのバージョンは確実に欲しいです。
ブラウザによって仕様は異なりますので、ブラウザにログイン情報を保存するようなサービスの場合、ログイン周りで発生したバグはブラウザのバージョンや種類によることもありますので。

携帯やスマホの場合はその機種情報なども欲しいですね。

5. 表示されたエラーメッセージ
ツꀀ
SQLエラーやプログラムが画面上に出力したエラー情報(本来画面上に表示される仕様ではないはずのメッセージなど)はしっかりと報告してもらいたいです。

6. 直前の画面やエラーが発生した時の画面のURLも

2で画面の情報を挙げていますが、URL自体の情報も欲しいです。
URLにはその画面で処理をするために利用する情報が含まれていることもあるので、実際に変なデータが入ってきていたのではないか?などバグの原因調査に大きくかかわる情報が含まれていたりしますいので。。

ツꀀ
7. 些細な動作も詳細に
ツꀀ
些細なことといっても色々ありますが、最近社内で数ユーザーがコミュニケーションするようなサービスをテストしてもらっていたのですが、どうも挙動がおかしいと思ったら、複数のタブで色々なユーザーでログインしていたために発生した現象がありました。
もちろん、それはそれで不具合なのですが、情報として報告してもらえると、自分で再現できるので助かります。
●バグが再現しない時の再現方法

「再現しないから修正できない!」と投げやりな感じになってしまう場面をみかけますが、テストをする人もそんなことで怒られても困ってしまうと思います。
個人的には再現しないしない、といいながら1~7のことをきっちり同じにして試すと大抵のバグは再現するように思います。

2~3回やってみてあきらめないで根気強くやることが重要だと思います。

——–

後は、伝え方によるところもあると思いますので、なるべく分かりやすく、本当は共通の言葉で通じるようテストをする人もある程度専門用語に精通しておいたほうが良いと思います。

当社で運用しているWebサービスの品質管理サービス「COLORBOX」でも日々のテストでうまいことコミュニケーションとるにはどうサービスを改善すべきか考えています。

執筆者:高本

株式会社8bit 取締役の高本です。 社内のWebサービス企画、プログラミングや、売上・請求管理にいたるまで幅広く担当しております。

関連記事

プログラミング

【phpdotenv】PHPで環境変数を取り扱うお話

PHPでサーバーの環境ごとに設定ファイルを用意する場合、config.phpなどのファイルにデータベースの接続情報やAPIのキーなどをdefineで登録すると思います。 これは昔からある一般的なやり方ですが、例えば「ローカル環境やテスト環境と本番環境で情報を出し分けたい」「GitHubやSubversionなどに接続情報を管理されたくない」ということがあるかと思います。 Linuxの場合は「.env」でユーザーごとの情報をあらかじめ設定することが可能ですが、PHPだとデフォル […]

Webサービス

【CAPTCHA系】reCAPTCHAの代替サービスを紹介するお話

みなさん、reCAPTCHAを使ってますか? CAPTCHAと呼ばれる機能は問い合わせフォームやログインフォームなどいわゆるbot系対策として有効で、その中でもreCAPTCHAは無料かつ簡単に導入できるたため、様々な場所で使われてます。 目次1 2024年4月から実質有料化?2 他にないのだろうか?3 アカウントを作る4 PHPでの実装5 最後に 2024年4月から実質有料化? しかし、2024年4月から今まで100万リクエストまで無料だったのが、1アカウント合計1万リクエ […]

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。