CentOS5.xにPHP5.3系をインストールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日に友人達と多摩川へBBQにしに行ったのですが、運動不足を痛感させられました。
ちょっと重い荷物を運んだだけなのに、翌日には筋肉痛にうなされるとか……。
エンジニアとういう職業柄、朝から晩までデスクワークで動かないのは仕様がないけど、流石にこれは酷い。
今年の夏はイベントづくしなので時間を見つけては少しでも運動して体力を作らないといけませんね。じゃないと、夏バテになる。


<!--ここから本題-->

新サービスに向けでサーバ構築をしており、PHPは5.3が欲しいなと思い、yumのデフォルト設定だとPHP5.1.6までしかあがってない。
なので、CentOS5系にPHP5.3系をインストールする方法をまとめてみた。

まず、インストールされているPHPを確認
# rpm -qa | grep php

CENTOSのリポジトリphp53関連のパッケージを確認
# yum list php53*

古いPHPが入ってるのなら削除する。
※削除する際はhttpdは止めること。
# yum remove php php-*

PHP53のインストール
# yum install php53 php53-mbstring php53-mysql

PHPのバージョン確認
#php -v


PHP 5.3.3 (cli) (built: Mar 30 2011 13:51:41)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies


PHP5.3を確認できるとインストール成功。
Webからphpinfo();で確認してもOK。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

8bit

執筆者: 8bit