『clamp()』関数を使ってフォントサイズを可変にしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なデバイス対応をしなければいけない昨今、フォントサイズの指定は悩みどころだったりしますね。

そこで『clamp()』関数を使用すれば1行でフォントサイズの最小値、基準値、最大値を指定することができ、使いようによってはメディアクエリで細かく指定する手間が省けます。

clamp()を実際に使ってみよう

では実際の挙動を見てみましょう。

例えば2vwを基準値としたいとき、PCぐらいの表示だと大きすぎるので最大値を20pxに、スマホぐらいの表示だと小さくなりすぎないように最小値を14pxにという風に指定します。



たったこれだけで14px~20pxの間で、2vwを基準にしつつ可変にしてくれます。
widthやmax-width、min-widthをフォントサイズで、1行で済ませるというイメージです。

実際の画面はこんな感じです。
こちらで画面サイズを変えたほうがわかりやすいです)

See the Pen
Untitled
by kkdd (@kk8kk)
on CodePen.


clamp()関数はフォントサイズ以外にも使える

フォントサイズで散々紹介してきましたが、実は普通にdivのボックスなどさまざまな場面で使えます。

要は先ほどの

widthやmax-width、min-widthをフォントサイズで、1行で済ませるというイメージです。


というのをさまざまな場面で使えるので結構便利です。


例えば基準を94%、ウィンドウサイズを大きくしたときは最大値を1120pxに、ウィンドウサイズを小さくしたときは最小で200pxとします。



実際の画面を見てみましょう。
こちらで画面サイズを変えたほうがわかりやすいです)

See the Pen
clamp関数を使う-divでの例
by kkdd (@kk8kk)
on CodePen.



最小値によってはスマホ表示あたりはメディアクエリとの併用が必要になる場合もあると思いますが、大きな画面のみのレイアウトのことを考えると崩れの防止などにうまく使えると思います。

基準値に対して最大値か最小値だけ設定したい

この説明の中で最大値か最小値どちらかでいいんだけどな…という場合もあると思います。
そんな時はmax()min()関数もあります。

max関数

width: max(基準値, 最大値);の形で指定します。
先ほどの例だと

となります。

min関数

width: min(基準値, 最大値);の形で指定します。
先ほどの例だと

となります。

フォントサイズはともかく、単純なレイアウトだったらこちらの方が活躍してくれるかもしれません。

———

clamp()とmax()とmin()、それぞれうまく使い分けていきましょう!



執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

プログラミング

【PHP】古いWordPressで絵文字を使えるようにするお話

WordPressはLAMP環境で動くCMSとして昔から有名ですが、昔から使われているサイトの場合、絵文字が使えないことがあります。 今回はそういう場合の絵文字を使えるようにしてみましょう 目次1 MySQLのバージョンを調べる2 テーブルの照合順序を変更する3 最近の事情 MySQLのバージョンを調べる 使えるようにしましょうといいつつ、実は大前提があります。 それはMySQLのバージョンが5.5以降であることです。 それ未満のバージョンは「utf8mb4」にできないため、 […]

Webサイト制作

【さくらのレンタルサーバー】環境ごとにPHPのバージョンを変更するお話

最近何かとAI関係で話題の「さくらインターネット」ですが、レンタルサーバーはコスパもよく、かなり使いやすいサービスだと思います。 特にWordPressなどのLAMP環境に最適化された環境であり、PHPもいろいろなバージョンを選ぶことができます。 変更方法も簡単でコンパネからボタン一つでできるので楽ちんですね。 ただ当然なのですがマルチドメインで運用している場合もすべての環境にPHPのバージョンが一斉に反映されてしまいます。 それはそれで便利なのですが、例えばこの環境のみバー […]

プログラミング

【phpdotenv】PHPで環境変数を取り扱うお話

PHPでサーバーの環境ごとに設定ファイルを用意する場合、config.phpなどのファイルにデータベースの接続情報やAPIのキーなどをdefineで登録すると思います。 これは昔からある一般的なやり方ですが、例えば「ローカル環境やテスト環境と本番環境で情報を出し分けたい」「GitHubやSubversionなどに接続情報を管理されたくない」ということがあるかと思います。 Linuxの場合は「.env」でユーザーごとの情報をあらかじめ設定することが可能ですが、PHPだとデフォル […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。