【CSS】clip-pathを使ってWEBページに斜めのデザインをコーディングする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBページの要素で、斜め方向にカットされたデザインを見たことがあると思います。
これを実際にレスポンシブでコーディングするとなると、工夫が必要です。
(筆者は過去、斜め画像を用意してbackgroundに配置したところ、超ワイドディスプレイで想定外の表示になってしまったりと、ため息をついた覚えがあります)

今回はCSSのclip-pathを使用して、手軽に斜めのデザインを追加してみましょう。



clip-path

斜めのデザインを作るには、CSSプロパティのclip-pathを使用します。
まず、ブロック要素のdivタグにclip-pathを適用すると、こうなります。


この1行を追加するだけで、要素が設定した形にマスクされます。マスクして切り抜くイメージなので、box-shadowやborderは思った通りに表示されない場合がありますので注意してください。
細かく解説していきましょう。

それぞれの値の解説

先程の例のclip-pathには、polygon()という値が使用されています。
このpolygon()は、四角形を意味します。


()の中には4つの角のX座標とY座標を記述します。X座標やY座標というのは、基準点からの座標です。%やvwなど、好きな単位で構いません。
左上のポイントを基準点として、時計回りにポイントの座標を記述します。

また、X・Y座標の記述にcalc()を使用することもできます。


このように、各ポイントの座標を指定すれば、自由に形を作ることができます。あとはwidthやbackgroundなどのプロパティも追加して、さらに見栄えを整えましょう。
もちろん、メディアクエリを使用してのレスポンシブに対応することも簡単です。ワイドディスプレイ用に追加で画像を用意したりする必要もありません。あなたのWEBサイトはより軽量で快適になるでしょう。

斜めエフェクトの例

下辺が斜め


下辺が斜め(反転)


台形


平行四辺形




執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。