Googleアナリティクス現行verが2023年7月廃止!新verに移行する方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Googleから、Googleアナリティクスの現行バージョン(ユニバーサルアナリティクスといいます)が2023年7月に廃止というアナウンスがなされました。
サポート自体が終了となるため、期間内に新バージョンのGoogleアナリティクス4プロパティに移行が必要になります。今回は、移行が必要かどうかの見分け方や、以降の方法を紹介します。

現行verと新verの見分け方

現在使用中のアナリティクスのプロパティが現行か新かを見分けるには、プロパティIDを確認します。
  • 現行verプロパティIDは「UA」で始まり数字で終わります
    例:UA-XXXXXXXXX-1
  • 新ver、アナリティクス4のプロパティIDは、数字のみです
    例:XXXXXXXXX
実は、比較的新しいサイトの場合は、既に新verのプロパティで作成されている場合があります。
Google公式によると、2020年10月14日までにプロパティを作成した場合は、現行verで作成している可能性が高いとのことです。

プロパティIDの確認方法

1.Googleアナリティクスにログインし、ヘッダ部をクリックします。

2.選択ウィンドウが開きます。該当のサイトのプロパティIDを確認し、UAで始まっていれば移行の必要があります。

補足:サイトのhtmlソースから確認してもOKです。こちらもUA始まりであることが確認できます。

アナリティクス4に移行する

移行が必要であることが確認出来たら、新verのアナリティクス4に移行作業を行います。

ただし、着手する前に注意しておきたいことがあります。WEBサイトのHTMLにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを記述していると思いますが、コードを発行した時期によって、複数のverが存在します。

gtag.js(グローバルサイトタグ)

2017年以降に設置した場合は、最新バージョンである gtag.js として発行されています。
もし自分のサイトにこちらが適用されている場合は、移行作業はGoogleアナリティクスの設定画面でいくつかボタンをクリックするだけで、簡単に完了します。

gtag.js のトラッキングコードは以下のようになっています。


analytics.js(ユニバーサルサイトタグ)

2017年以前に設置した場合は、1つ前のバージョンである analytics.js として発行されています。
もし自分のWEBサイトにこちらが適用されている場合は、HTMLに記述しているトラッキングコードを最新のものに書き換える必要があります

analytics.js のトラッキングコードは以下のようになっています。


analytics.js であることが判明したら、修正はサイト全体に関わってくるため、事前に作業や確認のリソースを確保してから着手しましょう。
新しいトラッキングコードを取得するには、先にGoogleアナリティクス4に移行する必要があります。取得手順については、後述します。

移行の手順

以上を踏まえて、Googleアナリティクス4に移行する手順を紹介します。

1.まず、Googleアナリティクスにログインします。
2.ヘッダーから、移行したいWEBサイトのプロパティを選択します。

3.移行前の場合は、ヘッダーの上部に青色のリボンで注意が表示されています。こちらの「開始」ボタンをクリックします。

※もし青色のリボンが表示されていない場合は、サイドバーの[管理]から、[GA4設定アシスタント]と辿ってください。

4.GA4設定アシスタントのページです。新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成するセクションから、「はじめに」ボタンをクリックします。

5.モーダルウィンドウが開いたら、まず画像のチェックボックスにチェックが入っているかどうか確認してください。
ここにチェックが入っている場合は、WEBサイトに挿入されているトラッキングコードが「gtag.js」かと思います。そのまま「プロパティを作成」ボタンをクリックして、「プロパティを接続しました」の表示がされれば、移行作業が完了です。

前項の内容にも関わってくるのですが、「analytics.js」のトラッキングコードが使用されている場合、チェックを入れることができなくなっています。一旦そのまま「プロパティを作成」ボタンをクリックして、プロパティの接続を完了させます。

「プロパティの接続が完了しました」画面です。

6.古いトラッキングコードが使用されている場合は、新しいトラッキングコードを取得しましょう。画面の「GA4プロパティを確認」をクリックします。

7.サイドナビゲーションの「管理」から、プロパティ欄の「データストリーム」をクリックします。

8.トラッキングコードを発行したいサイトのプロパティ名をクリックします。

9.タグ設定手順のセクションの、「グローバルサイトタグ(gtag.js)ウェブサイト作成ツールや~」と続くアコーディンを開きます。

10.表示されたトラッキングコードを、現在使用しているコードと差し替えます。

11.サイドナビゲーションから、[レポート]>[リアルタイム]などできちんと取得できているか確認します。


以上で、移行作業が完了です。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。