Windows10でComposerをインストールするお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも「Composer」ってなによ?

「Composer」とはPHPのパッケージライブラリ管理ツールで、フレームワークを含むPHPのパッケージをわざわざダウンロードせずにコマンドだけでインストールすることができる非常に便利なものです。

例えばあるライブラリを使いたい場合、そのライブラリの公式サイトを探してzipやtar.gzなどの圧縮ファイルをダウンロードして展開して所定の場所に置いて・・・ってめんどくさいですが
「Composer」を使うと、ライブラリを記述して叩けば自動的にインストールしてくれます。
ていうかフレームワークを使っていて他のライブラリを使いたい場合は「Composer」ありきです。
もっというとそのフレームワークも「Composer」からインストールしてくれという感じです。

Windowsでどうやって使うの?

Windowsでももちろん「Composer」は使えます。

ただ「Composer」はPHPで動いているので、まずは「WindowsでPHPを使う方法」から説明します。

PHPのダウンロードとインストールを行う

まず、PHPの公式ページからインストーラをダウンロードしましょう。

・https://www.php.net/downloads

いろいろなバージョンのPHPがありますが、今回は一番最新のPHP8.1を使いましょう。

PHPのダウンロード


「Windows downloads」をクリックします。

 

このなかに色々ありますが、「VS16 x64 Thread Safe」の「Zip」をダウンロードしましょう。


ダウンロードしたファイルを解凍します。解凍先はどこでもいいのですが、後で使いやすいようにできるだけわかりやすい場所にしましょう。

今回は「c:\PHP」の中に作ります。
(ドライブやインストールフォルダは環境にあった記述にしてください)


これでインストールは完了です。

環境変数を設定してパスを通す

このままでもPHPは使えるのですが、使いやすくしたいので環境変数をいじってパスを通しましょう。

(2022.03.09 追加)パスを通すとは?

「パスを通すとは?」という質問があったので、設定前に説明します。

例えばPHPファイルをインストールした場所が「c:\PHP」だった場合、PHPファイルをコマンドから実行する場合は「c:\PHP\php」と入力しないとダメで、これはめんどくさいですよね。

そこでWindowsの環境変数に「c:\PHP」という場所(パス)を教えてあげることでコマンドで「php」と入力するだけで上記の「c:\PHP\php」と同じ動きになります。
これを「パスを通す」と表現します。

 

Windowsの検索バーから「システムの詳細設定」と打ち込むと「システムの詳細設定の表示」が表示されるので、クリックします。


「環境設定」をクリックします。


「システム環境変数」の「Path」を選択して「編集」をクリックします。


「参照」ボタンを押下し、先ほどのPHPのインストール先「D:\PHP」を選択します。


選択されたことを確認したら「OK」を押します。


これで「PHPのパスが通った状態」となります。

PHPの動作確認を行う

実際にパスが通っているか確認しましょう。

こういう場合は「コマンドプロンプト」を使うのですが、今回は「Visual Studio Code(以下VSCode)」から確認しましょう。
※Visual Studio Codeについては別エントリーで書くかもしれません。

「Visual Studio Code」を起動し、右下にターミナルがあるか確認し、なければメニュー「ターミナル」から「新しいターミナル」を選択してください。


右下に「ターミナル」が表示されるので、ターミナル上で

(入力)

と入力してください。すると下記のような表示が来るとPHPが正常にインストールされて利用できるようになりました。


これで「Composer」をつかう準備が完成しました。

「Composer」のダウンロードおよびインストール

それでは「Cmponser」のダウンロードとインストールを行います。

 

「Composer」をダウンロードする

下記のURLからダウンロードを行います。

・https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windows

いきなり英語全開ですが「Composer-Setup.exe」をクリックしてダウンロードします。


ダウンロードしたexeファイルをクリックすると「すべてのユーザーが使うか?それとも今のユーザーだけか?(意訳)」と聞かれるので「Install for all users(recommended)」を選択します。


さらにWindowsから警告が出ますがこれも「はい」を選択します。
あとはそのまま進んでいきましょう

途中PHPのインストール場所が聞かれますので、パスの確認を行いましょう。


インストール前に設定が表示されますので確認後、「Install」を選択してください。


インストールが完了してどんどん進み、最後にこの画面が出ればOKですので「Finish」を押します。

「Composer」の動作確認

インストール成功したら実際にWindows上で動くか確認しましょう。

先ほどPHPで確認したVSCodeを使います。
念のためVSCodeを再起動しましょう。

VSCodeのターミナルで下記のコマンドを実行してください。

下記の画面が表示されればインストール&動作確認成功です!


 

最後に

Composerは導入に少しだけ敷居が高いですが、一度設定すると後は簡単に使うことができます。
またライブラリのインストールも簡単で更新も一斉に行うことが可能です。

 


YoutubeChannelのご紹介

同様の内容を、動画でご覧になれます。

https://youtu.be/13VJv4wwQx0

執筆者:松本[ エンジニア ]

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。