Xcodeでカスタムフォントを追加して使ってみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xcodeで好きなフォントを追加したい!ということがあると思います。
最初は戸惑うかもしれませんが覚えると結構簡単に追加できます。

まずはフォントをダウンロード

まずはフォントをダウンロードします。
今回はGoogle Fontsの中の『Noto Sans Japanese』をインストールしてみます。

Noto Sans Japanese

フォルダにフォントを追加

ダウンロードしたらXcodeで今回フォントを追加するプロジェクトを開きましょう。

ちなみに初期のフォントはこんな感じになっています。
Noto Sansはありますがすべて外国語のもので、ほかにも日本語であまり使用できそうなフォントがありません。

ということでフォントを追加していきましょう。
まずはプロジェクトのディレクトリを選択、右クリックをして『New Group』を選択します。

フォントを入れるフォルダなのでフォルダ名は『fonts』などにしておいてください。

この中に先ほどダウンロードしたフォントを入れます。とりあえず使用したい太さのものを入れておきます。

フォルダにフォントを入れました。すると以下のような確認画面が表示されます。
Add to targets(どのプロジェクトに今回のフォントを入れるか)』のチェックが外れているので画像のように該当のプロジェクトにチェックを入れてから『Finish』を押しましょう。

これでフォント追加の第一段階が完了しました。

Infoにフォントを登録する

次に『Info』に対してフォルダに入れたフォントを登録します。
ここをクリアするとフォントが使用できるようになります。

まずはinfoを開いて、右側の空いている部分で右クリックをします。
すると『Add Row』という項目が出てくるので、そちらをクリックします。

項目が追加されたら『Key』の設定をします。
今回は『Fonts provided by application』を選択しましょう。

Fonts provided by application』を選択したら左側の矢印をクリックしましょう。
するとフォント名を登録できるエリアが表示されます。

ここに対して今回フォルダに追加したフォントの名前を入力します(名前のコピペでOk)。

『+』を押すと入力できるエリアが増えます。

今度はBoldの方を登録しました。

これで無事フォントが登録され、使用できるようになりました!

実際に使ってみる

ストーリーボードに戻ると、今回追加したフォントが選択できるようになっています。

このようにRegularとBoldの選択もきちんとできます。

———
フォントが変わるだけで雰囲気がぐんと変わります。
簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

スマホアプリ

Android studioで縦並び・横並びで整列させるレイアウト【初心者用】

今回は初心者用にAndroid studioで縦並び・横並びで整列させるレイアウトの仕方をご紹介します。 主に使うのはLinerarLayoutです。 目次1 LinerarLayoutで縦並び・横並びで整列させるレイアウトを実現しよう1.1 横並びにする場合1.2 縦並びにする場合 LinerarLayoutで縦並び・横並びで整列させるレイアウトを実現しよう 今回は『デザイン』タブベースで進めていきます。 まずは新しいファイルを開きましょう。 見た通り何もないファイルなので […]

スマホアプリ

アプリ内課金をGoogle Play ConsoleとApp Store Connectで設定してみました

前回のエントリーでアプリ内課金について簡単にまとめましたが、今回は実際にGoogle Play ConsoleやApp Store Connectでアプリ内課金のアイテム登録をおこないます。 大前提としてGoogle Play ConsoleまたはApp Store Connectにログインしてアプリ登録が出来ることとなります。 必ずしもアプリが公開されている必要はありませんが、必ずアプリをアップロードしている必要があります。 また、Google Play Console、A […]

スマホアプリ

アプリ内課金について簡単にまとめてみました

目次1 アプリ内課金について2 そもそもアプリ内課金とは?3 アプリ内課金を導入する上での注意点は?4 アイテムとは?5 Google Playと App Storeのアプリ内課金の違いは?6 最後に・・・7 参考資料8 YoutubeChannelのご紹介 アプリ内課金について スマホアプリではアプリ内で課金を行うことができるいわゆる「アプリ内課金」と呼ばれる機能があります。 ガラケー時代は3キャリアそれぞれの決済システムがあり、厳しい審査とともにそれぞれの決済に対応しない […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。