【Photoshop】クリックするだけ!? AIで風景を置き換える新機能”風景ミキサー”の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PhotoshopCCのver23.0から搭載された新機能「風景ミキサー」を紹介します。
AIを使用したフィルター機能で、写真の背景をクリックするだけで簡単に変更できます!

どんな機能?

左が元写真で、右がフィルター適用後です。
あくまで元の画像の構図や要素は崩さずに、雰囲気をガラリと変えてしまいます。

どんな雰囲気の背景にしたいか選択でき、昼夜の時間帯や、季節の具合などを調整できます。


使い方

手順1:被写体を選択する

では、早速使ってみましょう。
被写体はそのままにしたいので、フィルターを適用する前に選択範囲を作りましょう。
自動選択ツールで被写体選択を使用するのが一番簡単です。

フィルターは、選択範囲に適用されるので選択範囲を反転させましょう。


手順2:フィルターを適用する

選択範囲ができたら、フィルターを適用させましょう。
使用するのはニューラルフィルターというものです。[フィルター]メニューから、[ニューラルフィルター]を選択してください。

パネルが開いたら、[風景ミキサー]を選択してください。(初めて使用する際は、ダウンロードが始まります)
そして、プリセットの中から、イメージに近い画像をクリックすれば、自動で適用されます。

少し待つと、処理が完了しました。雪が降って真っ白になっています。

更にイメージに近づけていきましょう。
[強さ]、[日の入り]、季節の値を上下させて調整します。

最後に、出力先を選択して、OKを押すと適用されます。

完成

これで完成です。


YoutubeChannelのご紹介

同様の内容を、動画でご覧になれます。

https://youtu.be/JJgXHJnMdzw


執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

Webデザイン

【Illustrator】手書きのスキャン画像をパスデータにする

Illustratorの「画像トレース」という機能を使用すれば、パスデータを作成することができます。 簡単に使えるので、ぜひロゴやイラストを作る時に活用してください。 目次1 「画像トレース」機能の使い方1.1 画像トレースパネルを開く1.2 スキャンしたデータをトレースする1.3 不要な部分を削除する2 YoutubeChannelのご紹介 「画像トレース」機能の使い方 画像トレースパネルを開く まず、メニューから画像トレースパネルを開きます。 [ウィンドウ]>[画像トレー […]

Webデザイン

【Illustrator】長文をカラム分けして読みやすくする方法

リーフレットやチラシなどの印刷物を作る時、長文をカラム分けすると文章が読みやすくなります。 このカラム分けされたテキストボックスは互いにリンクされており、片方で改行などの編集をすると、溢れたテキストが自動で次のテキストへ送られるようになっています。 領域を作ってリンクするだけなので、非常に簡単です。ぜひ習得してください。 目次1 やり方解説1.1 手順1:四角オブジェクトを配置する1.2 手順2:四角オブジェクトをテキストボックスに変換する1.3 手順3:複数のテキストボック […]

Webデザイン

【写真の副業】WEBデザイナーの私が思う”使いやすい写真素材”とは?

最近、副業としてPIXTAなどで写真素材を販売する方が多いとの話を聞きました。 スマホで撮影した写真があれば手軽に始められるので、人気の副業のようです。 では、素材サイトヘビーユーザーのデザイナー目線で素材として使いやすく、ダウンロードしたい素材とはどんなものでしょうか? 実際に写真をダウンロードして使う側の私が思う、使いやすい写真素材の特徴をまとめてみました。 目次1 その1.ピントがあっている2 その2.写真が小さい3 その3.写真が暗すぎる・明るすぎる3.1 暗すぎる例 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。