【Illustrator】手書きのスキャン画像をパスデータにする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Illustratorの「画像トレース」という機能を使用すれば、パスデータを作成することができます。
簡単に使えるので、ぜひロゴやイラストを作る時に活用してください。

「画像トレース」機能の使い方

画像トレースパネルを開く

まず、メニューから画像トレースパネルを開きます。
[ウィンドウ]>[画像トレース]


スキャンしたデータをトレースする

スキャンしたデータをIllustratorで画像オブジェクトとして開きます。
配置した画像を選択ツールで選択すると、画像トレースパネルがアクティブの状態になります。

パネルの[トレース]にチェックを入れます。

画像がトレースされました。
結果を確認しながら、[しきい値]を増減させて、微調整します。カラーでトレースしたい場合は、カラーモードを変更してください。

調整ができたら[拡張]を押すと、画像がパスデータになります。


不要な部分を削除する

画像トレースは、余白の部分もパスになるため、不要な部分を選択して、削除します。(画像では分かりやすいようにグレーにしました)

これで完成です。
パスデータなので、色なども自由に編集できます。

コントラストのハッキリした画像などは、ワンクリックで簡単にトレースすることができます。
とっても便利ですね。


YoutubeChannelのご紹介

同様の内容を、動画でご覧になれます。

https://youtu.be/98RX0YS4DDc


執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

プログラミング

【PHP】古いWordPressで絵文字を使えるようにするお話

WordPressはLAMP環境で動くCMSとして昔から有名ですが、昔から使われているサイトの場合、絵文字が使えないことがあります。 今回はそういう場合の絵文字を使えるようにしてみましょう 目次1 MySQLのバージョンを調べる2 テーブルの照合順序を変更する3 最近の事情 MySQLのバージョンを調べる 使えるようにしましょうといいつつ、実は大前提があります。 それはMySQLのバージョンが5.5以降であることです。 それ未満のバージョンは「utf8mb4」にできないため、 […]

Webサイト制作

【さくらのレンタルサーバー】環境ごとにPHPのバージョンを変更するお話

最近何かとAI関係で話題の「さくらインターネット」ですが、レンタルサーバーはコスパもよく、かなり使いやすいサービスだと思います。 特にWordPressなどのLAMP環境に最適化された環境であり、PHPもいろいろなバージョンを選ぶことができます。 変更方法も簡単でコンパネからボタン一つでできるので楽ちんですね。 ただ当然なのですがマルチドメインで運用している場合もすべての環境にPHPのバージョンが一斉に反映されてしまいます。 それはそれで便利なのですが、例えばこの環境のみバー […]

プログラミング

【phpdotenv】PHPで環境変数を取り扱うお話

PHPでサーバーの環境ごとに設定ファイルを用意する場合、config.phpなどのファイルにデータベースの接続情報やAPIのキーなどをdefineで登録すると思います。 これは昔からある一般的なやり方ですが、例えば「ローカル環境やテスト環境と本番環境で情報を出し分けたい」「GitHubやSubversionなどに接続情報を管理されたくない」ということがあるかと思います。 Linuxの場合は「.env」でユーザーごとの情報をあらかじめ設定することが可能ですが、PHPだとデフォル […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。