WordPressでカスタムフィールド(デイトピッカー)を使って要素の表示・非表示をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordpressのカスタムフィールドで日付の期限内で項目の表示・非表示を切り替えたいときがあるかと思います。
そんな時に便利な方法をご紹介します。

まずはカスタムフィールドで始まりの日付と終わりの日付のフィールドを設定しましょう。

フィールドタイプは『デイトピッカー』を選択します。
ラベル・フィールド名は任意で設定してください。
開始日付、終了日付の2つを用意します。

今回はラベル『開始日付』のフィールド名は『start_date』、
ラベル『終了日付』のフィールド名は『end_date』に設定しました。

これであとはPHP側にコードを書きます。


これだけで完了です。
あとはカスタムフィールドの期間を切り替えて確認してみて動いていたらOKです。

一応タイムゾーンは東京にしていますが、Wordpress本体のタイムゾーンは『設定>一般』から確認しておくと安心です。


株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。