レスポンシブサイトでjavascript(jQuery)の読み込みを切り替えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年現在、新規でWebサイトを作成する際はレスポンシブ対応するのがほとんどかと思います。
そんな時PCだけまたはスマホだけでjavascript(jQuery)の読み込みを行いたい時があるかと思います。

実はファイルに何行か追記するだけで簡単に切り分けができます。エラー回避やサイト軽量化のためにもやってみましょう。

①画面サイズで切り分ける方法


画面サイズで切り分ける際はこのように記述します。cssのメディアクエリと同じようにmax-width: 〇〇pxのように切り分けます。


②端末(UA)で切り分ける方法


このように端末(UA)で切り分ける方法もあります。例えばスマホ・タブレットは同じでいいというときはスマホの設定のところに『||』でつなげればOKです。


ただタブレットの時は横の時はPC表示になったり縦表示の時はスマホと同じ表示になったり…ということが作りの関係上起こりえます。
なので『①画面サイズで切り分ける方法』の方が無難かもしれません。



株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。