AMP非対応のJSをiframeで使用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、SEOで絶対に無視できないのがAMP。
表示速度を爆速にする分、様々な制約が設けられていますが、Google Chartsなどの部分的なものであれば同ページ内に表示が可能です。

部分的なJS表現をiframeで追加する

分かってしまえばやり方は単純。AMP非対応の箇所のみiframeを使用します。

下記は弊社で運営している飲み会マッチングサービスのノミトモ。飲み会の募集が下にするする流れていくようなアニメーションを採用していますが、オリジナルで組んだJSアニメーションなので、もちろんAMPには非対応です。

下記の赤線で囲まれた箇所のみiframeで別HTMLを読み込み動作させています。

この方法でGoogleのAMPテストでもエラーなしでクリアできます。
また、弊社運営のグループウェア「Grmo」では2ヶ所iframeが使用されています。

ロゴが横にするする動くアニメーションとGoogle Chartsの箇所です。

表示範囲にきたらふわっとフェードイン表示するのはAMPで用意されているJSで対応しています。(こちらはまた後日紹介します)


導入方法

まずiframeを使用するためのライブラリをhead内で読み込みます。



次に、表示させたい箇所にiframeのタグを記述します。



width、height … サイズに合わせて任意で
id … CSSの適用で使用してます。不要であれば削除
layout=”responsive” … レスポンシブ対応する場合は必須
scrolling=”no” … スクロールバーなし設定。不要であれば削除
frameborder=”0″ … frameの囲み線なし設定。不要であれば削除
sandbox … それぞれ下記の意味があります。必要に応じて削ってください。
 allow-scripts → iframe内でJSを使用する
 allow-popups → iframe内にtarget=”_blank”のaタグがある場合
 allow-top-navigation → フレームの親(_top)にアクセスできるようにする
src … 外部HTMLのsrc

sandboxなど、詳細は公式のドキュメントで確認できます。




最後に、もうひとつHTMLを作成して、JSを読み込ませます。
新しく作成したHTMLはAMP非対応の状態にしてください。

これでレイアウトを調整すれば完了です。閲覧する分には、速度が大幅に落ちるなどもなく、きれいに表示されます。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。