PhotoshopCCでWebP形式の画像を読み込み・書き出しをしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『PageSpeed Insights』を使用するとよく出てくる画像フォーマット『WebP』。
Photoshopでは書き出しなどができません。

が、今回紹介する『WebPShop』を使用することで書き出しが可能になります。
今回はインストールの方法をご紹介します。

WebPShopのサポートページ

使い方

ダウンロード

まずはGitHubからプラグインをダウンロードします。
スクショ1
GitHub

インストール

『bin』のフォルダを開きます。

Macの方は『WebPShop_0_3_0_Mac_x64』、
Windowsの方は『WebPShop_0_3_0_Win_x64』を開きます。
『0_3_0_』などの数字はバージョンなので、気にしなければ最新バージョンを入れる形でよいかと思います。
今回はWindowsにします。

windowsでは『C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop [現在使用しているバージョン]\Plug-ins
Macでは『/Applications/Adobe Photoshop[現在使用しているバージョン]/Plug-ins
を開きます。

『Plug-ins』の中にそのまま『WebPShop.8bi』を入れてください(Macの方は『WebPShop.plugin』)。

これで通常の保存時に『WebP』形式での保存が可能になります。


『WebP』ではクオリティなどの調整ができるので、用途に合わせて使用してみてください。




株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。