インスタ写真で集客力アップ!「飲食店×Instagram」Webサイト制作サービスを始めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタ映えという言葉が2017年の流行語大賞にノミネートされました。
個人的には昔のInstagramは写真加工の格好良いフィルターが付いていて、加工したおしゃれ画像を投稿するというサービスで、フィルター機能の面に注目していました。

それが今や様々な使い方やPRに使われるようになってきています。
特に飲食関係が目立ちます。

私もInstagramを使っていますが、食べ物の写真をアップする方はかなり多いです。
フィルター効果もあってかなかなか良い写真がたくさんアップされています。

そこで「「飲食店×Instagram」Webサイト制作サービス」というWeb制作サービスを始めました。低コストで飲食店の方が片手間に更新できるホームページ(Webサイト)をコンセプトにしております。

Instagramを効率的に使うことで、集客アップにも効果を期待できるかと思っています。

 

今はグルメサイトよりInstagramで飲食店を探す時代。

最近の若い方々の間ではインスタ映えするお店にこぞって出かけたり、Instagramの写真やタグで検索してお店を探しているようです。
若い方々だけでなく、実際にInstagramを見ているとおじさんもインスタ映えを狙って居酒屋の焼き鳥とかお酒を投稿したりもしています。

実際に投稿を見ていると、Instagramがいかにグルメと相性が強いものなのか痛感します。
撮っているほうもうまく美味しそうに写真が撮れると気持ちがよいですしね。

Instagramで美味しそうな写真を見て、プロフに掲載されているお店のホームページ(Webサイト)にアクセスして場所を確認・予約をする、そんなフローを想定しています。

 

ブログ、SNSの運用でつまづいた飲食店の方でも、Instagramは写真と一言で片手間に更新ができる!

以前、飲食店のWebサイトを制作した際に、ブログやfacebookへその日のメニューなどの記事を投稿すると、同時にお店のWebサイトにも反映されるというものを作りました。

CMSを導入するとなると、金額的にもそこそこになるし、個人営業で飲食店経営している方はWebサイトにそんなに費用をかけられない。

そこで無料で使えるブログやSNSでメニューやお店の休みなどのお知らせを投稿してもらって、Webサイトにも反映させようとしました。
しかし、お店によっては毎日のように更新される方と、ブログやSNSであっても更新の手間がかけられないというお店に大きく分かれました。文章を打つというのが短くても、発信するとなると思った以上に面倒に感じられるようで、お店の準備をしながら続けるのが難しいとのこと。

そこで写真のみでも投稿できる、写真専用のSNS「Instagram」です。

Instagramであればその日の料理を撮って投稿するだけです。
これであれば飲食店の方も片手間で投稿が出来ます。準備中でもブログやSNSの文章を考えるよりよほどハードルは下がると思います。しかも、結構美味しそうに撮れます。

そしてこの投稿が直接ホームページ(Webサイト)に掲載されれば、自動的に最新のメニューの更新も出来るのです。

Capture01
 

グルメサイト掲載よりランニングコスト、ブランディングの面においてもホームページ(Webサイト)を持つことは安心につながる。

よく飲食店様からご相談を受けるのが、グルメサイトへの掲載をすべきかオリジナルのホームページ(Webサイト)を作るべきかどちらが良いかということです。

両方できるのに越したことはありませんが、新規オープンの飲食店のオーナー様はなるべく出店コストを抑えようと考えておられます。その中でグルメサイトに掲載してホームページ(Webサイト)を作って、というのはなかなか出来るものではありません。

Webサイトには打ち合わせも必要ですし時間もかかるので、そうなると撮影をしてくれたりするグルメサイトの方へ申し込まれる方も多くいらっしゃいます。
しかし、今やホームページ(Webサイト)があるのは当たり前の時代。

あるのが当たり前でないと不安な方すらいらっしゃいます。

 

テンプレート化されたグルメサイトでは表現できないお店の良さやコンセプトきちんと伝えるのはWebサイトならでは。

グルメサイトには口コミも掲載されます。
良いものも悪いものも両方です。口コミは色々な方が投稿するので、お店の混雑状況やたまたまの接客の状況で良くも悪くも書かれてしまいます。

グルメサイトへの口コミには投稿する人の感情任せな部分があることも否めません。

当社でWebサイトの制作をお勧めするのは、仕事だからという部分ももちろんありますが、テンプレート化されたグルメサイトでは表現できないお店の良さやコンセプトをきちんと伝えられるのは、オリジナルのホームページ(Webサイト)だけだと思っております。

たしかにグルメサイトはアクセスを短期的に集めることは出来るでしょう。
しかし、そこにはお店の個性やコンセプトはなく、お店の口コミや評価でしかお店を判断してくれません。

実際には良いお店であっても口コミサイトの影響で足が遠ざかるお客さまもいらっしゃるでしょう。

洋風
※当社で制作したサンプルです。

 

オリジナルWebサイトはランニングコストも抑えられる。

意外かも知れませんが、グルメサイトよりオリジナルのホームページ(Webサイト)の方が、ランニングコストはかなり安くなります。最近ではWebサーバもかなり安くなってきておりますので、数百円から数千円の幅で選ぶことが出来ます。

もちろんイニシャルの制作費がかかりますが、長い目で見ると必ずWebサイトのランニングコストの方が安くなります。

 

新規出店、まだホームページ(Webサイト)をお持ちでない飲食店の方は是非ご相談を!

飲食店の方で新規に低コストで早くWebサイト(ホームページ)が欲しいという方は是非ご相談ください。オリジナルドメインの取得からサーバ契約までサポートいたします。

 

以下のリンクから特設サイトにジャンプします。
こちらからサンプルサイトをご覧いただけます。
↓↓↓↓
Instagram(インスタグラム)×飲食店様ホームページ制作サービス

執筆者:高本

株式会社8bit 取締役の高本です。 社内のWebサービス企画、プログラミングや、売上・請求管理にいたるまで幅広く担当しております。

関連記事

マークアップ

CSSを使わないSVGアニメーションの作り方【キーフレームアニメーション編】

SVG画像をアニメーションさせる時は、CSSを使用するのが一般的かと思いますが、SVGファイルに直接記述してアニメーションさせることもできます。 SMILという名前の、SVGのアニメーション機能です。IEでは使用できなかったため、使いづらかったのですが、今後は気後れすることなく使用できます。 SMILにはざっくり3種類のアニメーションがありますが、複雑なのでまずは簡単なキーフレームアニメーションから、早速試してみましょう。 目次1 静止画のSVG2 基本のアニメーション2.1 […]

スマホアプリ

【Android Studio】Androidアプリでラジオボタンの『選択時』『非選択時』のボタンの背景色と文字色を変える

Androidアプリでラジオボタンを通常のボタンのようにして、かつ『選択時』『非選択時』のボタンを変えたい…ということがあるかと思います。 そんな時はdrawableに要素を用意して、背景色や文字色に指定するだけで簡単に変更することができます。 目次1 ラジオボタンを設置2 背景色を設定3 文字色を設定 ラジオボタンを設置 それではプロジェクトを開きましょう。 とりあえずはラジオボタンを2つ設置しました。 今回はボタンぽくしたいのでラジオボタンのデフォルト要素をクリアします。 […]

マークアップ

祝解禁!IEがなくなって使えるようになった便利なCSS 8選

2022年6月16日、IEのサポートが切れました。フロントのエンジニアにとっての念願が叶った、記念すべき日です。IE6の頃から苦しめられてきた私ももちろんのこと浮かれています。 ただ、IEを除外することによって使用できるCSSが大幅に増え、勉強しなければならないこともまた増えました。少しずつ慣れていきましょう。 今日は使用できるようになったCSSで、頻度が高そうなものからいくつかご紹介したいと思います。 目次1 object-fit1.1 今まで1.2 これから2 filte […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。