SVGアニメーションを気軽に作成!Lazy Line Painterを使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。工藤です。
今回はSVGアニメーションを気軽に作成できるLazy Line Painterについてご紹介します。
img サイト Github


1.jQuery本体とjquery.lazylinepainterを読み込ませよう

とりあえずはjQuery本体Githubからダウンロードした『jquery.lazylinepainter』を読み込ませます。


2.SVG画像を読み込ませてサイト上からコードを作成

img023
サイトをスクロールした箇所にSVG画像を読み込ませるエリアがあります。そちらにillustratorなどで作成したSVG画像を読み込ませます。
ちなみに色付き画像を作成してもこちらは全て線画でアニメーションを作成するので、色付きとなると自分でカスタマイズの必要があります。


img04

今回は上記の画像を読み込ませます。

img03
コードを取得してくれました。
こちらを最初に読み込ませたjquery.lazylinepainterの下に読み込ませます。


IDを変更

上記の箇所は最初にコードを取得した際に

のように表示されていますが、『#undefined』の部分は

の記述の『heart』に合わせましょう。今回の場合なので適宜あわせてください。

線のデザインを変更


この部分は線の太さと色を変えることができます。最初は線の太さが2だったのを10に変更しました。
その他にもオプションはありますのでGitHubを参考にしてみてください。


3.HTMLに表示させるエリアを追加

あとは簡単です。HTMLにSVGアニメーションを表示させるエリアを作成しましょう。

サイズなどは必要に応じてcssで調整します。



これで完成です!
img05
DEMO

だいぶ簡単にできますので、SVGアニメーションの入口として試してみてください。

執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

Webデザイン

【Photoshop】クリックするだけ!? AIで風景を置き換える新機能”風景ミキサー”の使い方

PhotoshopCCのver23.0から搭載された新機能「風景ミキサー」を紹介します。 AIを使用したフィルター機能で、写真の背景をクリックするだけで簡単に変更できます! 目次1 どんな機能?2 使い方2.1 手順1:被写体を選択する2.2 手順2:フィルターを適用する2.3 完成3 YoutubeChannelのご紹介 どんな機能? 左が元写真で、右がフィルター適用後です。 あくまで元の画像の構図や要素は崩さずに、雰囲気をガラリと変えてしまいます。 どんな雰囲気の背景にし […]

Webデザイン

【Illustrator】手書きのスキャン画像をパスデータにする

Illustratorの「画像トレース」という機能を使用すれば、パスデータを作成することができます。 簡単に使えるので、ぜひロゴやイラストを作る時に活用してください。 目次1 「画像トレース」機能の使い方1.1 画像トレースパネルを開く1.2 スキャンしたデータをトレースする1.3 不要な部分を削除する2 YoutubeChannelのご紹介 「画像トレース」機能の使い方 画像トレースパネルを開く まず、メニューから画像トレースパネルを開きます。 [ウィンドウ]>[画像トレー […]

Webデザイン

【Illustrator】長文をカラム分けして読みやすくする方法

リーフレットやチラシなどの印刷物を作る時、長文をカラム分けすると文章が読みやすくなります。 このカラム分けされたテキストボックスは互いにリンクされており、片方で改行などの編集をすると、溢れたテキストが自動で次のテキストへ送られるようになっています。 領域を作ってリンクするだけなので、非常に簡単です。ぜひ習得してください。 目次1 やり方解説1.1 手順1:四角オブジェクトを配置する1.2 手順2:四角オブジェクトをテキストボックスに変換する1.3 手順3:複数のテキストボック […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。