Android Studioの小ネタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面のキャプチャ

Android StudioでADVで実行中の画面をキャプチャする方法です。
簡単なんですけど、どこだっけとなる事があるので忘備録的に

細かく説明するより、このボタンをクリックして保存先を決めるだけ


 

縦長のレイアウトを1画面で表示する方法

本来アプリは1画面に全て情報を収めるのが基本。
ただ、一覧画面や入力画面でどうしてもスクロールする必要が発生します。
その場合、XMLをデザインモードにしても1画面分しか表示されなくて困ってしまいます。

それならば縦画面が異常に長いAVDを作ってそれで表示すればいいのではと言う事で、縦長のADVを作成してみましょう

・[Tool]→[Android]→[ADV Manager] でADV Managerを呼び出す。

・左下の[Create Virtual Device]を押下し、[New Hardware Profile]を押下する

・[Device Name]に適当な名前を付け、ResolutionのHeight部分を設定の3~4倍ほどを設定し、OKを押す。

・作成したDeviceを選択し[次へ]を押下し、OSを選択する。

・[AVD Name]に適当な名前を付け、[終了]を押下する。

これでXMLのデザインモードでデバイスを先ほど作成したものにすると

キャプチャ20160329-2
以下のように長細いAVDで表示されます。

足りなければ[Virtual Device]の縦幅を変更すれば解決かと

 

執筆者:松本[ エンジニア ]

関連記事

プログラミング

iOSアプリでREST APIを使うお話

前回のREST APIをiOSアプリでも使うお話です。 こちらも割と簡単ですが、Kotlin=Javaに比べると型に関してはシビアです。 目次1 インストール1.1 CocoaPodsでインストールする。2 使い方2.1 GETの場合2.2 POSTの場合 インストール CocoaPodsでインストールする。 ライブラリが対応していれば簡単ですね。 その後、 これでインストール完了です。 使い方 こちらもAndroidの時と同じような感じでできますが、今回はModelでデータ […]

プログラミング

AndroidでREST APIを取り扱うお話

前回のお話でREST APIを気軽に確認する内容を書きましたが、今回は実際にスマホアプリ内でREST APIのやりとりを行う方法をまとめます。 以前はOkHttpというライブラリを使うことが多く、現在もそれが主流になりますが、今回はkotlinで使えるRetrofitと呼ばれるライブラリを使っていきましょう 目次1 インストール2 使い方2.1 GETの場合2.2 POSTの場合2.3 PUT通信の場合3 まとめ インストール 通信するので当然アプリ側にインターネット接続の設 […]

スマホアプリ

無音カメラが国内ではリリースできなかったお話

みなさん、無音カメラ(Silent Camera)で撮影してますか? いきなりグレーゾーンの発言ぽくなりましたが、App StoreもGoogle Playにも無音カメラは割とたくさんリリースされています。 そこで弊社でもその波(!?)に乗り、無音カメラのリリースを検討しました。 目次1 実際どうなった?2 リジェクト理由1 スパイウェアの扱いになった3 ちなみにGoogle Playでは?4 終わりに5 参考 実際どうなった? 結果から言うと、リリースはできませんでした。 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。