様々な雰囲気を演出する活字風文字の加工チュートリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は活字風の文字の加工を行うチュートリアルです。エッジに潤いのある加工で、シリアスな雰囲気を出したい、温かみを出したい、様々な雰囲気の演出に使用できます。
ビットマップデータのみで良い場合は、photoshopだけで済みます。パスデータにしたい場合は、Illustratorでひと手間加えると綺麗なパスが出来上がるので試してみて下さいね。

sample


手順

ざっくり説明すると、以下のカンタン4手順。

・文字ツールで文字を作成
・文字をラスタライズ
・フィルタ効果:はね
・フィルタ効果:スタンプ

背景に色が入っていないとフィルタが綺麗にかからないのでとりあえず白ベタなど用意して、加工後削除するかIllustratorでパスにする手順(後述)を追加で踏んで下さい。




まずはphotoshopで加工

テキストツールでテキストを設定します。

大きめに作って後からサイズを調整した方が細部が綺麗に仕上がります。

//今回の設定//
100ptくらいの文字サイズで制作しました。

01




文字をラスタライズ

文字を選択ツールで選択し、[レイヤー]⇒[ラスタライズ]⇒[文字]で文字をラスタライズ。




フィルタ効果:はね

[効果]⇒[ブラシストローク]⇒[はね]を選択します。

//今回の設定//
スプレー半径 4
滑らかさ 8

文字のサイズによってちょっと調整してみてください。

05 06




フィルタ効果:スタンプ

[効果]⇒[スケッチ]⇒[スタンプ]を重ねがけ。

//今回の設定//
明るさ・暗さのバランス 7
滑らかさ 7

こちらもプレビューを見ながら調整してくださいね。

08 07


さて、これでひとまずちょっとセクシーな滲み文字が完成しました。このまま背景を削除して使用してもいいですが、これをパスデータとして取り出してみましょう。




Illustratorでパスを取り出す

先程のデータをpsdで保存して、今度はIllustratorで開いてみましょう。



画像をライブトレースしてパスに変換

パスに変換するにあたって、Illustratorのライブトレース機能を使用します。
画像を選択して、[オブジェクト]⇒[ライブトレース]⇒[作成]。

09

このままだとちょっとパスがぐにゃぐにゃなので、トレースオプションを開いて…
[オブジェクト]⇒[ライブトレース]⇒[トレースオプション]

il_03

プリセットを「文字」にして、「ホワイトを無視」にチェックをいれます。こちらでおおむね問題無いと思いますが、気になるようであればプレビューを見ながらトレースの設定の値をいじります。




ライブトレースを拡張して完成

ライブトレースのパスは仮の状態なので、拡張をしてパスを確定させます。
[オブジェクト]⇒[ライブトレース]⇒[拡張]

il_04
できました!





以上、うるおい感たっぷりの活字風フォントの加工チュートリアルでした。ホワイトで1pxのシャドウを入れると、ぷっくり感が出てさらに活版らしくなります。
様々なシーンで活用できますので、是非試してみて下さいね。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

Webデザイン

【Photoshop】クリックするだけ!? AIで風景を置き換える新機能”風景ミキサー”の使い方

PhotoshopCCのver23.0から搭載された新機能「風景ミキサー」を紹介します。 AIを使用したフィルター機能で、写真の背景をクリックするだけで簡単に変更できます! 目次1 どんな機能?2 使い方2.1 手順1:被写体を選択する2.2 手順2:フィルターを適用する2.3 完成3 YoutubeChannelのご紹介 どんな機能? 左が元写真で、右がフィルター適用後です。 あくまで元の画像の構図や要素は崩さずに、雰囲気をガラリと変えてしまいます。 どんな雰囲気の背景にし […]

Webデザイン

【Illustrator】手書きのスキャン画像をパスデータにする

Illustratorの「画像トレース」という機能を使用すれば、パスデータを作成することができます。 簡単に使えるので、ぜひロゴやイラストを作る時に活用してください。 目次1 「画像トレース」機能の使い方1.1 画像トレースパネルを開く1.2 スキャンしたデータをトレースする1.3 不要な部分を削除する2 YoutubeChannelのご紹介 「画像トレース」機能の使い方 画像トレースパネルを開く まず、メニューから画像トレースパネルを開きます。 [ウィンドウ]>[画像トレー […]

Webデザイン

【Illustrator】長文をカラム分けして読みやすくする方法

リーフレットやチラシなどの印刷物を作る時、長文をカラム分けすると文章が読みやすくなります。 このカラム分けされたテキストボックスは互いにリンクされており、片方で改行などの編集をすると、溢れたテキストが自動で次のテキストへ送られるようになっています。 領域を作ってリンクするだけなので、非常に簡単です。ぜひ習得してください。 目次1 やり方解説1.1 手順1:四角オブジェクトを配置する1.2 手順2:四角オブジェクトをテキストボックスに変換する1.3 手順3:複数のテキストボック […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。