【怖くないJavaScript + jQuery】マウスオーバーで注釈を表示させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度おなじみ、[怖くないJavaScript + jQuery]シリーズです。
今回は、マウスオーバーで注釈を表示させるjsを作ります。

デモ

実際に動かしてみるとこんな感じになります。
ボタンにマウスを載せてみてください。


デモを別ページで開く
ファイル一式ダウンロード


Step1:まず下準備

こちらはいつもと同じですね。まず必要なファイルを読み込みます。
headerの中に、jQueryと、自分で作ったjavascriptのファイル(今回は tips.js とします)を読み込みます。
<head>
<script src=”common/js/jquery.js” type=”text/javascript”></script>
<script src=”common/js/tips.js” type=”text/javascript”></script>
</head>


Step2:次にHTMLの準備

今回は注釈をつけたい要素(divでもpでもなんでもOKです)にclass=”help_tips“を振ります。
併せて、classを降った要素に「data-help」の属性もつけて、表示したいテキストを挿入してください。
<p class=”help_tips” data-help=”注釈のテキストが表示されます“>ここにマウスオーバー</p>


Step3:次にCSSの準備

help_tips_popに表示された時のCSSを設定してください。

#help_tips_pop{
display:inline-block;
position:absolute;
margin-top:15px;
margin-left:5px;
background:rgba(0,0,0,0.5);
color:#FFF;
margin-top:15px;
text-align:center;
border-radius:3px;
padding:5px;
}

position:absolute;がきいていればあらかた大丈夫だと思います。背景色やmarginは自由に修正してください。


Step4:jsを書き込む

headerで読み込んでいる tips.js の初期設定をHTMLソースに合わせて変更してください。色の違う箇所を変更してくださいね。
$(function(){
//***********************************// 初期設定
// ▽注釈を表示させたい要素につけるclass名
var tipsClassName = ‘help_tips// ▽注釈の要素につけるID名
var popIdName = ‘help_tips_pop
//***********************************
$(‘.’+tipsClassName).hover(
function(){
//overの処理
//要素の位置を測定
var offset = $(this).offset();
var dataText = $(this).attr(‘data-help’);
//注釈を挿入
$(this).after(‘<div id=”‘+popIdName+'”>’+dataText+'</div>’)
//マウスの座標を取得して位置を調整
$(window).mousemove( function(e){
var x = e.pageX;
var y = e.pageY;
$(‘#’+popIdName).css({left:x+’px’,top:y+’px’});
})
},function(){
//outの処理
//注釈を削除する
$(‘#’+popIdName).remove();
}
);

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。