【怖くないJavaScript + jQuery】「全てチェックする」を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はjQueryで、tableのチェック項目などでよくある「全てチェックする」のチェックボックスを作りたいと思います。要素の指定さえ合わせれば簡単に作れます。

合言葉は「jQuery こわくない」です。

デモのファイルはこちらからダウンロードできます。

デモ

実際に動かしてみるとこんな感じになります。

別ウィンドウで開く

Step1:まず下準備

こちらはいつもと同じですね。まず必要なファイルを読み込みます。
headerの中に、jQueryと、自分で作ったjavascriptのファイル(今回は all_check.js とします)を読み込みます。
<head>
<script src="common/js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
<script src="common/js/all_check.js" type="text/javascript"></script>
</head>

Step2:次にHTMLの準備

今回はtableを作り、一番目のth・tdにcheckboxを設置します。「id=”all_check_key“のついているinputをクリックした時」に「td内のcheckbox全部チェックをつけたりはずしたりする」処理を書いていきます。変えた分書き方を合わせれば、ちょっと変えてもOKです。(Step4応用参照)
CSSはそれぞれお好みの設定にしてください。今回は「▼全てチェック」のテキストを入れて少し親切に。
<table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0">
<thead>
<tr>
<th>
<span>▼全てチェック</span>
<input type="checkbox" id="all_check_key" />
</th>
<th>項目1</th>
<th>項目2</th>
<th>項目3</th>
<th>項目4</th>
</tr>
</thead>
<tbody>
<tr>
<td><input type="checkbox" /></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td><input type="checkbox" /></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td><input type="checkbox" /></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
<td></td>
</tr>
</tbody>
</table>

Step3:jsを書き込む

最後に、headerで読み込んでいるはずの all_check.js の中身を書き込んでいきましょう。今回はif文を使用して、チェックつけた時はこっち、それ以外の時(チェック外した時)はこっち、と分岐しています。
$(function(){
$(‘#all_check_key‘).click(function(){
if($(‘#all_check_key‘).is(‘:checked’)){
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,true);
}else{
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,false);
};
});
});

解説
.prop()を使用すると、input要素のチェックをつけたり外したりできます。
//trueでチェックをつける
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,true);
//falseでチェックをはずす
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,false);

詳しく解説を書くと、こう。
$(function(){
$(‘#all_check_key‘).click(function(){
//▼#all_check_key をクリックしたとき
if($(‘#all_check_key‘).is(‘:checked’)){
//*****チェックつけた時の動作*****
//tbodyの中の、一番左のtdの中のcheckboxを全てチェックする
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,true);
}else{
//*****チェック外した時の動作*****
//一番左のtdの中のcheckboxを全てチェックはずす
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,false);
};
});
});

Step4:応用編

こちらは応用編。
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,true);
$(‘td:first-child input‘).prop(‘checked’,false);

上記の、td:first-child inputの書き方を変更してみましょう。
チェックつけた時と、はずした時の処理、2箇所を変更してくださいね。

◆checkboxを設置しているtdが0番目のtdでない場合
「:first-child」の部分を「:eq(n)」「:last-child」「.class」等の書き方に変更します。

▼最初のtd
$(‘td:first-child input’)

▼最後のtd
$(‘td:last-child input’)

▼8番目のtd(0番目から数え始めるので、8つめの場合は-1して7になります。)
$(‘td:eq(7) input’)

▼チェックボックスを含むtdにクラス(例えばsample)をつける
$(‘td.sample input’)

▼順序関係なくtdの中のチェックボックス全てに適用させたい
$(‘td input’)

◆HTMLの中に、他にもtableいっぱいあるんだけど!っていう時
tableやdivなど、tdの親要素にidかclassをつけることで対処しましょう。tdの前に記述を追加します。

▼tableにid=”check_table”をつけた!
$(‘#check_table td:first-child’)

▼div#check_tableでくくったよ!
$(‘#check_table td:first-child’)

CSSでも同じですが、classにする場合は「#」でなく「.」にしてくださいね。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。