「LINEスタンプシュミレーター」を作りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEクリエイターズスタンプ、だいぶ盛況のようですね。審査を無事通過してマーケットに乗ったスタンプも4000を超えたようです。私もいくつか購入して使用してみたのですが、どうも実際にトークの場で貼られるとスタンプがなんかでっかい…。

制作している時は気付かないものなのですが、規約の370*320pxにめいっぱいで作ると実機で見ると全く違ったサイズ感になってしまい、結局なんだか使い心地が良くなくてそのまま使わなくなってしまったりします。

そこで失敗しないためにも、「LINEスタンプシュミレーター」を作りました。実際はなんてことないただのHTMLですが、ちょっとコード書いたりとか苦手なクリエイターさんに使って頂ければ、と思います。

01

デモサイトはこちら(スマホで見るか、PCのブラウザの横幅を縮めてご覧ください)
ZIPファイルダウンロード

シュミレーターの特徴

●htmlと同じ階層にpngを置くだけです。画像の名前は「01.png」「02.png」…. ~「40.png」のように、連番にすればすんなり表示されます。
●ブラウザで確認できます。FTPからサーバーにアップして、スマートフォンでURLを叩くと実際に近い形で表示されます。検索エンジンには引っかからないようにしています。
●pngの画像は自動で半分の大きさで表示されます。ページ読み込み時にjsで処理が走ります。(※1)

(※1)これはスマートフォン全般に言えることなのですが、iPhoneなど、解像度が倍のディスプレイが存在するので、画像をそのまま表示すると画像がぼやけてしまいます。そこでスマートフォンで画像を扱う時は、大きなサイズの画像を作り、ぎゅっと縮めて表示すると言う工夫がなされます。(例:370pxの画像を185pxにして表示する、など)
iPhoneの横幅は320px、スタンプ画像の最大幅が370pxなので、LINEアプリにもこの手法が使用されていると推測されます。

なんかサイズがおかしいなと思ったらページを更新してみてください。

使い方

まずはこちらからファイル[ stamp.zip ]をダウンロードしてください。

解凍すると、HTMLファイルと画像ファイルが40個入っています。画像は全てダミーで入っているものですので、あなたが制作したものを上書きして差し替えてください。(名前は連番にしてください)index.htmlをブラウザで開くと、実際に近い形で確認できるかと思います。

審査をする前に一度実機で確認しておいた方が良いと思うので、無料レンタルサーバーでも良いので借りて、ファイルをアップしてみるのが良いと思います。



余談ですが、私が愛用しているスタンプも張っておきますね。
こむぎこをこねたもの
クマ・サピエンス
モモとガスパーニュ
こういうのがとても好きです。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。