【怖くないJavaScript + jQuery】コンテンツの高さを自動で調整してくれるjs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンドウの高さに対して、コンテンツの内容が少ない場合、footerより下の部分が真っ白になってしまう…しかし邪魔だしfooterをfixedにはしたくない。そんな時ってありますよね。

01
Sticky footerなど他にも手はありますが、内容が動的の場合使えなかったりするんですよね。
そんな時に便利な、コンテンツの高さを自動調整してくれるjsを作ってみましょう。実はとっても簡単なんです。

コンテンツ部以外(headerとfooterなど)の高さが固定であることが条件です。
今回はページ読み込み時にのみ処理を走らせます。ウィンドウサイズが途中で変更された時は妥協して何もしません。

デモはこちらから
ファイルのダウンロードはこちらから

Step1:まず下準備

こちらはいつもと同じです。まず必要なファイルを読み込みます。
headerの中に、jQueryと、自分で作ったjavascriptのファイル(今回は contents_h.js とします)を読み込みます。
<head>
<script src="common/js/jquery.js" type="text/javascript"></script>
<script src="common/js/contents_h.js" type="text/javascript"></script>
</head>

Step2:次にHTMLの準備

今回必要なのはheaderfooterとcontents。contentsのidをjsの中の記述と合わせます。
あとはそれぞれお好きにカスタマイズしてください。
<div id="header">ヘッダー</div>
<div id="contents">コンテンツ部</div>
<div id="footer">フッター</div>

Step3:jsを書き込む

最後に、headerで読み込んでいるはずの contenst_h.js の中身を書き込んでいきましょう。
280の箇所には、headerfooterの高さをデザインに合わせて任意で記入します。
$(function(){
var h = $(window).height() – 280;
$(‘#contents‘).css(‘min-height’,”+h+’px’);
});

詳しく書くと、こう。
$(function(){
//windowの高さを取得して、header+footerの280pxを引く
var h = $(window).height() – 280;

//contentsにheightを追加
$(‘#contents‘).css(‘min-height’,”+h+’px’);
});


以上、これだけで完成です。とっても簡単ですよね。
ページごとにいちいちcontentsの高さを足してみたりしなくても、内容に更新システムが導入されていてどうにもできない場合などにとっても便利です。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。