【怖くないJavaScript + jQuery】クリックで要素を追加・削除する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は要素の追加・削除のパターンをご紹介します。
分かりやすいものだけ集めてみました。今回のデモファイルはこちら。

prepend:要素の内部の先頭に追加(子要素)

▼クリックでspanが追加
prepend

p


「prepend()」は要素の内部の先頭に()内のタグを追加します。記述はこんなかんじ。

【HTML】
今回はbtn_demoAをクリックした時で処理しています。
demoAとidをつけたdivにpタグを入れ子にしています。idやタグはjsに合わせていれば自由に書き換えて大丈夫です。
<div id="btn_demoA">クリックする要素</div>
<div id="demoA"><p>p</p></div>

【js】
$(function(){
//btn_demoAがクリックされた時…
$(‘#btn_demoA‘).click(function(){
//demoAの中のpにprependの処理をする
$(‘#demoA p‘).prepend(‘<span>span</span>’);
});
});


after:要素の後ろに追加(兄弟要素)

▼クリックでspanが追加
after

p


「after()」は要素の後ろに()内のタグを追加します。記述はこんなかんじ。

【HTML】
<div id="btn_demoB">クリックする要素</div>
<div id="demoB"><p>p</p></div>

【js】
$(function(){
//btn_demoBがクリックされた時…
$(‘#btn_demoB‘).click(function(){
//demoBの中のpにafterの処理をする
$(‘#demoB p‘).after(‘<span>span</span>’);
});
});

before:要素の前に追加(兄弟要素)

▼クリックでspanが追加
before

p


「before()」は要素の前に()内のタグを追加します。記述はこんなかんじ。

【HTML】
<div id="btn_demoC">クリックする要素</div>
<div id="demoC"><p>p</p></div>

【js】
$(function(){
//btn_demoCがクリックされた時…
$(‘#btn_demoC‘).click(function(){
//demoCの中のpにbeforeの処理をする
$(‘#demoC p‘).before(‘<span>span</span>’);
});
});

wrap:要素を囲む(親要素)

▼クリックでspanが追加
wrap

p


「wrap()」は要素を()内のタグで囲みます。記述はこんなかんじ。

【HTML】
<div id="btn_demoD">クリックする要素</div>
<div id="demoD"><p>p</p></div>

【js】
$(function(){
//btn_demoDがクリックされた時…
$(‘#btn_demoD‘).click(function(){
//demoDの中のpにwrapの処理をする
$(‘#demoD p‘).wrap(‘<span>span</span>’);
});
});

empty:要素の中身を削除する

▼クリックで削除
empty

p


「empty()」は要素の中身を削除します。この場合はpタグの中ですね。記述はこんなかんじ。

【HTML】
<div id="btn_demoE">クリックする要素</div>
<div id="demoE"><p>p</p></div>

【js】
$(function(){
//btn_demoEがクリックされた時…
$(‘#btn_demoE‘).click(function(){
//demoEの中のpにemptyの処理をする
$(‘#demoE p‘).empty();
});
});

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ