よくお世話になるjQueryプラグインまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、工藤です。
今回はよくお世話になるjQueryプラグインをまとめました。
コードがまったく書けない人間なのでありがたいです・・。

yuga.js

お名前の通り、『Web制作を優雅にするために』作られたそうです。
このブログでもお世話になっています。
まずはjQuery本体と『yuga.js』をheadで読み込みます。

ロールオーバー

yuga01
ロールオーバー時に画像を切り替えることが出来ます。
やり方はすごく簡単で
  1. ロールオーバー前の画像と、ロールオーバー前の画像名に『_on』とつけた画像を用意します。
  2. ロールオーバー前の画像のimg要素に『class=”btn”』と記述します。
これだけでロールオーバーが再現できます。
もし『class=”btn”』で都合が悪かったらyuga.jsのたぶん87行目のあたりにロールオーバーの記述があるのでそこに好きなclassを追加したりしてみてください。

ページ内リンクはするするスクロール

ページ内リンクで一瞬で切り替わると、ちょっとびっくりしちゃいますよね。
yuga.jsではhref属性の値が#から始っているa要素またはarea要素でアニメーションでスクロールしてくれます。動きがスムーズで無駄に押したくなります。
これもyuga.js内の155行目あたりにスクロールの記述があるのでそこでスピードなどを変更することが出来ます。


yuga.jsは上記以外にもまだまだ効果がありますので、公式サイトでのご確認をお勧めします!


footerFixed.js

footer01
コンテンツの要素が少なくて、フッターの下に隙間が出来てしまう・・ってこと割とありますよね。
cssで調整してもいいけれどもっと簡単な方法でやりたい・・という時にお勧めのプラグインです。
head内でjQuery本体と『footerFixed.js』を読み込んだら、フッターにしたい要素に『id=”footer”』と記述する、それだけで微妙な余白がなくなります!
これだけで解決できるので本当に素晴らしいなと思います。

jquery.tile.js

tile01
高さが固定じゃない時に、ブロック要素の高さをそろえるのって何気に苦労しますよね・・。
CSSでやろうとして痛い目を見たときに見つけたプラグインです。
このプラグインのいいなと思ったことは記述が少なく、軽量なところです。

まずはjQuery本体と『jquery.tile.js』を読み込みます。

1.全ての要素の高さを揃える

同じclass名の要素の高さ・幅を揃えてくれる記述です。head内で読み込ませます。

$(function(){
$(“.そろえたいclass名“).tile();
});

実行結果
tile02
これでそろえたい要素がすべて一番大きいものに合わせた高さになります!

同じ行にある要素の高さを揃える

同じ行に並ぶ要素の中で最大の高さに揃える事が出来る記述です。
列数(今回は3)を引数に指定することで実現が出来ます。

$(function(){
$(“.そろえたいclass名“).tile(3);
});

実行結果
tile03
これで列で一番大きいものにあわせた高さになります!



どれも使い方は解説ページを見た方が分かりやすいのですが、こういう素晴らしいプラグインがある!という参考になればと思います。
まだまだご紹介したいものはあるのですが今回はこのあたりで。

執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。