【WordPress】headタグ内の余分な記述を取り除く

  • はてブ

Wordpressでサイトを構築している時、headタグの中身が煩雑でうんざりしますよね。
今回はその不要なタグを取り除いてみましょう。

基本のやり方

使用しているテーマのfuction.phpの末尾に追加で記述していきます。
※ function.phpはテーマフォルダの直下にあります … /wp-content/themes/使用しているテーマ名/function.php

基本の形


機能名の箇所には、固有の記号みたいなものが入ります。これは後述の各項目を確認してください。

複数記述する場合
複数記述する場合は、単純に行を増やすだけでOKです。




例:Wordpressのバージョン情報を消す場合

Wordpressのバージョンを削除します。


この記述をとる場合は、機能名のところに wp_generator と記述します。



例:rel=”canonical”タグの表示

このrel=”canonical”タグを削除します。



例:ショートリンク(短縮リンク)

短縮リンクを削除します。



例:rel=”wlwmanifest”タグの削除


rel=”wlwmanifest”タグを削除します。



例:コメントフィード用のタグ削除


コメント機能を使用しないのであれば、削除してしまいましょう。



例:絵文字用のタグ削除

絵文字を使用しないのであれば、こちらも削除してしまいましょう。




森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ