【PHP】PHPでExcelファイルを操作するお話 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こういうことってないですか?

webでの管理システムを設計するときに「CSVでインポートやエクスポート機能を付けてよ」って言われる事があります。

インポートに関しては一括登録や一括削除や更新など割とリスクが大きいのですが、エクスポートはあったりします。

CSVなので本来はカンマ区切りで並べてtext/csvとかで吐き出せば簡単なのですが、下記のような不具合が発生する可能性があります。
  • データの文字列にカンマが入ってるので、ズレる
  • 上記を防ぐためにダブルクォートで文字列を囲うも文字列にダブルクォートが入っている
  • 電話番号ハイフンの場合「09012345678」がExcelで開くと「9012345678」と数値になる
CSV上は特に電話番号などの文字列→数値はCSV上は正しいのですが、Excelで管理する人が多いため、この部分をどうにかしないとダメだと思います。

ただこれはオペレーション上の問題であり、正直システムとしてはどうしようもない部分なのも事実です。

となると・・・

最初からExcelファイルで処理すれば良いのでは?

って事でPHPを使ってExcelファイルを操作する方法をまとめました。

なお、ここでいうExcelファイルですが、Excel97-2003形式の「.xls」ではなくExcel2007以降の「.xlsx」形式のみ対応となります。古いファイルは一度.xlsx形式に変換してください。

インストール方法

みんな大好きComposerを使います。
ちなみにインストールするライブラリは「PhpSpreadsheet」というものを使います。

「レンタルサーバーだとサーバーからインストールできないよー」って場合はローカルPCにComposerをインストールしてそこからインストールしたvendorフォルダをアップしましょう!

これにより、PhpSpreadsheetがプロジェクトに追加されます。

PHPでライブラリの呼び出し方

これも一般的なComposerライブラリを読み込んで使うライブラリだけ読み込む形です

インストールがしっかりとできていれば、スムーズに行きます。

Excelファイルのエクスポート方法

それではExcelファイルのエクスポートを行います。
基本的にはCSVファイルをエクスポートする感じで、連想配列に値を放り込んでそれをライブラリを使って出力します。

細かく説明していきます。
今回はMySQLのデータをExcelで出力してヘッダーのセルの色を灰色にするという感じです。

MySQL周りについては説明は割愛します。(SELECTで全件取得しているだけです)

上の方でライブラリの読み込みを行いましたが、今回はセルの装飾を行うので1行追加してます。

出力するデータを連想配列$dataに入れてます。
1行名はヘッダー行にしたいのでここに列のタイトルを入れています。

ここはMySQLからデータを入れて連想配列に流し込んでます。
「電話番号がハイフンなしで入れてるよ」「文字列の中にカンマがあるよ」というのをわかりやすくするため固定で入れてます。

fromArray()はセルA1から連想配列を展開するよってことです。
これで自動的にセルの中に文字列を入れてくれます。

チェインしてますが、ヘッダー行になるA1からD1までの背景色をFFDDDDDD(灰色)にしますよというのを1行で記述してます

セルの横幅は初期値なので、これを最後にすることで、横幅を自動調整してくれます。
ただ、内容によっては見栄えが悪くなる可能性があるのでそこは要調整です。
最後にカーソルの位置をA1に指定します。

Excelファイルに書き出しです。
これはサーバーに保存してますが、ダウンロードさせたい場合はreadFileで吐き出せばダウンロードできます。

これだけで簡単にExcelファイルで出力できます!
電話番号もちゃんと文字列として処理してくれるので、先頭の0抜けがありません!

今後はExcel出力でいいのではと言う気がします。
ただ出力したCSVファイルを別のシステムでインポートするとかだとCSVはマズいので、CSV出力しましょう。

ちなみに・・・

PhpSpreadsheetでもCSV出力が可能です。
先ほどのソースを少し改造してみて

これでできますね!
カンマ区切りでエンクロージャはダブルクオートで改行ありとか細かなところまで設定できて最高です!

Excelファイルのインポート方法

今度は逆にExcelファイルを読み込んでテーブルにインサートする方法をまとめます。
HTMLからPOSTでExcelファイルをサーバーに保存するなどは今回は実装しません。
元々サーバーにあるExcelファイルをインポートしてみます

CSVよりもシンプルにインポートすることができます。

実質的にこれだけでできるのは楽すぎますね。
バリデーションチェックだけはしっかりと行いましょう!

これを組み合わせると???

インポートとエクスポートを組み合わせると、例えば何かの書類のテンプレートをExcelで作成し、そこにセルを指定して文字を入力し、PDFで出力することも可能かなと思います。

次回はその形でExcelで作ったPDFファイルの作成を紹介できればと思います。

執筆者:松本[ エンジニア ]

関連記事

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

プログラミング

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ②

前回はLINE Developersでチャネル登録までを行いました。 今回は実際にPHPでログインを実装していきます。 目次1 初期設定を定数にする2 LINE ログインのURLを作成する3 コールバック時の処理4 最後に 初期設定を定数にする 最初にdefineでチャネル登録した情報やAPIのURLを定義します。 メールアドレスを取得したい場合はLINE_SCOPEに「email」を追記してください。 LINE ログインのURLを作成する LINEログインに利用するログイン […]

Webサービス

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ①

今回はLINEログインです。 LINEログインは他のソーシャルログインと違って、電話番号必須なので、ユーザーがアカウントを無限に発行するということがなく、しかもOSに関係なくアカウントを使用できるので、特にB2Cサービスを考える場合には是非導入を進めたいと思います。 逆に法人サービスで使う場合、法人担当者が個人のLINEアカウントを使用することはないと思うので、あくまで個人向けサービスがよいかなと思います。 LINEログインについての概要はこちらに詳しく書いています。 htt […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。