Illustratorでアミカケ。自作の柄パターンを登録する。

  • はてブ

今回はIllustratorでスクリーントーンのようなアミカケを作ってみましょう。
応用で斜線や複雑な柄のパターンも登録できます。(Illustrator CCを使用して解説していきます。)

アミカケを登録

パターンを使用する時は、スウォッチに登録します。



01.パターンを作る

まずは1pxのアミカケを作ってみましょう。今回は長方形ツールを使用します。
実際に作る時は、作成したいパターンに合わせて好きなパスツールを使用してください。

01


02.作ったパターンをスウォッチパネルに登録する

スウォッチパネルを開いて、先程作ったオブジェクトを選択し、ドラッグ&ドロップするだけです。
スウォッチパネルにぐっと持っていくと、登録が完了します。

vd



03.オブジェクトに適用する

あとはオブジェクトに適用するだけ。四角形のパスを作って、スウォッチを選択してみましょう。

vd02

これでアミカケの作成が完了しました。簡単ですね。
今回はモノトーンで作成しましたが、色やアルファの値も登録されるので、背景などのパターンを作成する時に利用すると良いでしょう。

08
<色付きのパターン>


角度やサイズを調整して適用する

パターンの角度やサイズを微調整したい。登録したパターンは、個別にスウォッチごとに微調整して適用させることができます。

05
水平線のスウォッチを用意しました。


06
変形パネルを開いて、「パターンの変形」のみにチェックを入れます。
その状態で90度角度を変更すると…


07

垂直線になりました。
この手法ですと「パターンを変形して適用させている」ため、他のオブジェクトにスウォッチを適用させても、水平線のまま適用されます。

Illustratorにはデフォルトでいくつかパターンが登録されています。そちらを選択して、このように編集して適用するととても便利です。
デフォルトのパターンを使用するには、スウォッチパネルのメニューから、[スウォッチライブラリを開く]>[パターン]>[ベーシック]でライン、点などのパターンを表示することができます。


登録したパターンを編集

登録したスウォッチを編集します。スウォッチを編集すると、適用されているオブジェクト全てに反映されます。
スウォッチパネルのパターンをダブルクリックすると編集モードに切り替わります。

vd03

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ