Webディレクターも知っておいた方が良いテストについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はテストについて考えていたので、テストについて書いてみます。
唐突ではありますが、ここ最近受託、自社問わず開発や制作をしていると確認作業というものは絶対必要で、これが結構厄介です。

テストをしたことない人にざっと確認だけしてもらうと、どうしても漏れが出てきます。
それは確認不足というより、「分からない」のでチェックしようがない、という場合が多いようです。

ですので、テストする人にお願いするにしても、どういうチェックをして欲しい、ということを伝えないと抜け漏れは出てくるものです。

そこで、誰かにテストを頼む時どういう部分を簡単ではありますが、自分の再認識の意味も含めて、テストのポイントをまとめてみました。
きちんと 試験項目票を作るべきだとは思うのですが、短期間の制作だと人員と時間がなかったりします。

誰にテストしてもらうにしても、ポイントはおさえておきたいものです。


1. 仕様に沿った正常ルートのテスト

仕様書があれば、、、の話しになってしまいますが、どういう機能がどういう動きをするのが正解なのか、すべての動作を確認します。
少々面倒ですが、登録したり編集したり削除したりして、本当にきちんと普通に確認しないといけません。

「この機能が動かない」という状況は避けたいものです。

2. はじかれるべきエラーのテスト

たとえば入力必須とか文字数制限などがある場合、ちゃんと指定条件以外でエラー扱いされるかの確認です。
エラー処理も規模によっては沢山あるのでくまなく確認しておきたいところです。

3. セキュリティーチェック

データベースを使用したサービスなどであれば、SQLイジェクションとかクロスサイトスクリプティングとか、そういったセキュリティー面に関してのテストです。概念についてはWikiなどで調べれば結構出ているので、専門的に感じますがディレクターであれば把握しておいた方が良いかと思います。

こういうテストはテストデータの定義だけしっかり作っておけば結構簡単なテストなので、しっかり確認しておきたいものです。

4. 内部的な処理テスト

たとえば、画像投稿機能であれば、ちゃんと削除した画像が消えているのか?編集した前の画像が残っていないかなど、ユーザーから見たときに見えない部分の動作確認です。
こういう内部的なものはエンジニアが処理忘れしていたりする時もあるので、突っ込んで確認しておきたいところです。

5. クライアントに確認してもらう際のテストデータ

これが結構重要なのですが、テストデータにちょっと面白いおかしいデータをあげてテストしたりする人がいます。
(私もそのひとりではあるのですが。。)
それはそれで人様に見られなければ良いのですがクライアントに見られたりしたら大変です。

こういうテストデータについては、誰かに見せるとき必ずきちんとしたテストデータにしておく必要があります。

——-

で?誰がやるの?

ということになるのですが、Web系の開発や制作に関して言えば、テスターの方がいれば最高なのですが、恐らく確認作業というとディレクターの方がやったりすることが多いと思います。

結局バグがあって怒られるのはディレクターだったりするので、覚えておいた方が良いでしょう。

執筆者:高本

株式会社8bit 取締役の高本です。 社内のWebサービス企画、プログラミングや、売上・請求管理にいたるまで幅広く担当しております。

関連記事

マークアップ

CSSを使わないSVGアニメーションの作り方【キーフレームアニメーション編】

SVG画像をアニメーションさせる時は、CSSを使用するのが一般的かと思いますが、SVGファイルに直接記述してアニメーションさせることもできます。 SMILという名前の、SVGのアニメーション機能です。IEでは使用できなかったため、使いづらかったのですが、今後は気後れすることなく使用できます。 SMILにはざっくり3種類のアニメーションがありますが、複雑なのでまずは簡単なキーフレームアニメーションから、早速試してみましょう。 目次1 静止画のSVG2 基本のアニメーション2.1 […]

スマホアプリ

【Android Studio】Androidアプリでラジオボタンの『選択時』『非選択時』のボタンの背景色と文字色を変える

Androidアプリでラジオボタンを通常のボタンのようにして、かつ『選択時』『非選択時』のボタンを変えたい…ということがあるかと思います。 そんな時はdrawableに要素を用意して、背景色や文字色に指定するだけで簡単に変更することができます。 目次1 ラジオボタンを設置2 背景色を設定3 文字色を設定 ラジオボタンを設置 それではプロジェクトを開きましょう。 とりあえずはラジオボタンを2つ設置しました。 今回はボタンぽくしたいのでラジオボタンのデフォルト要素をクリアします。 […]

マークアップ

祝解禁!IEがなくなって使えるようになった便利なCSS 8選

2022年6月16日、IEのサポートが切れました。フロントのエンジニアにとっての念願が叶った、記念すべき日です。IE6の頃から苦しめられてきた私ももちろんのこと浮かれています。 ただ、IEを除外することによって使用できるCSSが大幅に増え、勉強しなければならないこともまた増えました。少しずつ慣れていきましょう。 今日は使用できるようになったCSSで、頻度が高そうなものからいくつかご紹介したいと思います。 目次1 object-fit1.1 今まで1.2 これから2 filte […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。