PHPフレームワークについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PHPフレームワークって何?

フレームワークとはPHPで開発を行う上で必要な機能をあらかじめまとめた集合体のようなものです。
例えばバリデーションチェックやデータベースの操作、メール送信、ファイル処理など、一から作ると面倒くさいものがクラスとして用意されているので、それを呼び出すだけで簡単に利用できます。

PHPに限らず開発言語は文章と同じでいろいろな記述が可能なので、プログラマーの癖や考え方によってバラツキが出てきますが、フレームワークを使用することでフレームワークのルールに沿った記述を行う必要があるため、コード規約を統一することができます。

もちろん導入コストはかかりますが、一度マスターすると後は同じなので、次回以降は楽になります。

メリットとデメリット

メリットから

メリットとしては、フレームワークのコーディングルールがあるため、他のシステムを見た場合でもそのフレームワークを知っている場合、コードを読むことが楽になります。

また、フルスクラッチで作成したシステムの場合、いろいろな機能も自分で作るためセキュリティ対応を自分で行わないといけなかったり、バグなどが残りやすくなりますが、フレームワークではセキュリティ対策が行われており、バグなどもあらかじめ修正された状態でリリースされているので、その部分のコストはかなり低減できます。
PHPのメジャーバージョンアップもフレームワークが対応していればアップデートを行うこと解決することが可能です。

PHPのフレームワークはMVC(Model,View,Controller)で作られているので、処理部とでフロント部で分けることが可能ですので、デザイナーとプログラマーで同じファイルを取り合うことが少なくなると思います。(これはSmartyなどのテンプレートエンジンを使えば可能ですが)

PHPでREST APIを作る場合もフレームワークを使うことで簡単に作ることができるので、便利ですね。

デメリット

デメリットとしては、PHPの知識+フレームワークの知識が必要なので、フレームワークを使っていない人からすると、学習コストがかかってしまうことです。
また、導入についてもレンタルサーバーでgitやはcomposerが使えない事が多いので、ファイル管理が大変なことになることがあります。

Viewにあたるデザインですが当然HTMLではないので、デザイナーの人にも学習コストが発生します。

じゃあ今のシステムを置き換えた方がいいの?

これについてはサイトの大幅リニューアルを行うようなことをしない限り、率先してやる必要はないかと思います。

今問題なく動いているシステムをわざわざリプレイスするリスクと費用はなかなか出ないと思うので…

どんなフレームワークがあるの?

昔からのものから比較的新しいものまでいろいろありますが、簡単に紹介していきます。

Laravel

今から勉強するならLaravelでよいと思うくらい勢いのあるフレームワークだと思います。
個人的にはREST APIを構築するだけならこれでいいと思うくらい便利でした。
記述もシンプルで読みやすいコードがかけると思います。

CakePHP

昔からあるフレームワークです。と言ってもアップデートはしっかり行っており、CakePHP4.3であれば最新のPHP8.1系にも対応しています。
既存のシステムで導入されているフレームワークはCakePHPで作られてると考えてもいいと思うくらい実績導入が多いので、そういう意味では履修しておいてもよいのかなと思います。

FuelPHP

個人的には好き“だった”フレームワークです。
ドキュメントは日本語で書かれていたりSmartyと連携でたり便利でした。
残念ながら開発がストップしてしまい、PHP8系は有志が修正箇所をネット上に上げたりして生き延びている感じがします。
私はPHPフレームワークを最初に勉強しようとしたときFuelPHPとLaravelのどちらにしようかと思って日本語ドキュメントの多いFuelPHPを選んでしまったところに引きの悪さを感じざるを得ません

このほかにもSymfonyやCodeIgniterやYiiがあったりするのですが、使ったことがないので、紹介できません。

最後に

色々とありますが、特にクエリーヘルパーなどはどのフレームワークでも便利です。
便利すぎてSQLクエリーの書き方がわからなくなる事もあるくらいです…
まぁ現実には複雑なクエリーを記述する必要もあるので、クエリーは書かざるを得ないんですが

フレームワークは既存システムのリプレイスには向いておらず、学習コストが発生するのでなかなか導入に踏み切れないですが、一度体験すると本当に楽しくなるので、是非導入したいですね!

 

執筆者:松本[ エンジニア ]

関連記事

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

プログラミング

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ②

前回はLINE Developersでチャネル登録までを行いました。 今回は実際にPHPでログインを実装していきます。 目次1 初期設定を定数にする2 LINE ログインのURLを作成する3 コールバック時の処理4 最後に 初期設定を定数にする 最初にdefineでチャネル登録した情報やAPIのURLを定義します。 メールアドレスを取得したい場合はLINE_SCOPEに「email」を追記してください。 LINE ログインのURLを作成する LINEログインに利用するログイン […]

Webサービス

【PHP】ソーシャルログインに対応したお話(LINEログイン編) ①

今回はLINEログインです。 LINEログインは他のソーシャルログインと違って、電話番号必須なので、ユーザーがアカウントを無限に発行するということがなく、しかもOSに関係なくアカウントを使用できるので、特にB2Cサービスを考える場合には是非導入を進めたいと思います。 逆に法人サービスで使う場合、法人担当者が個人のLINEアカウントを使用することはないと思うので、あくまで個人向けサービスがよいかなと思います。 LINEログインについての概要はこちらに詳しく書いています。 htt […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。