WebサービスのPRで実際に漫画を描きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。デザイナーの森島です。
今回は昨晩の記事に便乗して、サービスのPRで背策したチラシのラフから完成までの過程をご紹介したいと思います。

はじめに

まず、制作するチラシの内容をまとめていきます。
      ●チラシ概要:「プリラボ」という自社サービスのPR用
      ●サービスの内容:プリクラを題材にしたモバイル専用コミュニティサービス
      ●ターゲット:女子中高生
      ●配布の方法:街頭で手配り

今回は街頭で手配りをするということでA5サイズにします。
そして、内容についてなのですが、「ティーンズの子たちにもらってもらうにはどうしたらいいだろう………」と結構悩みましたが、単純に興味をひきやすい漫画にすることに。
自分の若い頃を振り返ってみると、やっぱり漫画ばっかり読んでましたしね。そうです、進研ゼミ方式です。手元にあるとつい読んでしまうあの魔力はなんなんでしょうね。不思議です。



そしてどんどん増えていく資料

制作過程

まずはこちらが完成品。これがでkるまでにどんな工程を踏んでるのか、ざっくりとご紹介したいと思います。



はじめにキャラクターやストーリーを文とラフに起こしていきます。
どんな絵柄がいいか模索しながら手を止めないように思いつくがままひたすら書き続けます。



漫画構成ラフその①。この時は中心で折ってA6サイズで配る予定でした。



ラフ①の後に一度打ち合わせをして、もっとどんなことができるか細かく説明したり、ストーリーのあるものの方が良いんではないか、となったのでラフ②。



ストーリーのOKが出たので下書き・Illustraterで着彩していきます。
ちなみに途中でロゴの位置を上に変更しました。当日は飴をつけて配るので、左上隅のあたりは文字がかぶらないように少しスペースを空けておきます。



普段チラシなんてあまり気にしない方が多いと思いますが、実はこんなに大変なのです。これだけ仕上げるのにだいたい2日かかってしまいました。。。
もし今度チラシを配ってる人を見かけたら、少し暖かい気持ちで見てあげてください。

渋谷駅・12/22・24・27、13時ぐらいから

上記の時間に渋谷駅のマークシティ前でチラシ配りをすることになりました。しかも制服で。
お近くの方は励ましにきてくださるととても喜びます。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ