FuelPHP を無理矢理PHP8.1に対応するお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FuelPHPのPHP8.1対応(無理矢理編)

皆さん、PHPのフレームワークは何を使っていますか?
今から学ぶなら「Laravel」や昔ながらの「CakePHP」でしょうか?
私は数年前から「FuelPHP」というフレームワークを使っていて「なんて開発しやすいんだ」と感動した記憶があります。

ところが、FuelPHPのリリースがピタッと止まり、PHPのバージョンアップに対して暗雲が立ちこめてきました。

てかフレームワークの選定ミスはかなり痛いですね。私は先物取引には金輪際手を出しません。

幸いPHP7に関しては問題なくできたのですが、時代はPHP8.1になり、ここでついにエラーが出るようになってしまいました。

 

参考 【PHP8.1】PHP8.1で削除される機能
https://qiita.com/rana_kualu/items/c894b2160d1f8799eed2#key-current-next-prev-and-reset-on-objects

ここに詳しく書いていますが「オブジェクトに対するkey(), current(), next(), prev(), reset() を非推奨とする」ようです。

本来であればFuelPHPのアップデートで修正してもらえるはずですが、そんなはずもなく…

公式がやってくれなきゃ自分でやるしかないって事で、該当箇所の確認および修正を行うことにしました。

 

結論から言うと、該当箇所の直前に

#[\ReturnTypeWillChange]

をつければ(とりあえずは)いいだけです。

例えば

fuel\core\classes\database\result.php

こういう感じで関数の前に入れるだけでとりあえず大丈夫になります。

検索で「public function count()」や「public function current()」で検索して片っ端から貼り付けてもいいと思います。

ただ\fuel\coreを直接いじるので、もしcomposerでアップデートした場合は書き換わる可能性もあるかもしれないですね。

私は試してませんが該当ファイルを\fuel\app\にコピーしてそこで上記の処理をやればいいのかもという気もしますが、誰か試してもらえると…

SmartyのPHP8.1対応

ちなみにSmartyも地味にPHP8.1の影響を受けていました。
ほとんどにおいては大丈夫なのですが、テンプレートで[date_format]を使う場合に影響が出ています。

参考 【PHP8.1】PHP8.1で削除される機能
https://qiita.com/rana_kualu/items/c894b2160d1f8799eed2#strftime-and-gmtstrftime

こちらにも記載されてますが「このRFCでは、strftimeとgmtstrftimeを非推奨とします」となっているため、Smartyの該当部分を変更しないとダメですね。

一番いいのはdate_formatを使わないことまたは第4引数に”auto”または”strftime”以外を入れるのがいいですが、影響範囲がわからないので、大本の関数を改修しましょう。

Smarty\libs\plugins\modifier.date_format.php

 

わかりづらいですが、strftime関数をdate関数に書き換えています。
ただstrftime関数では”%Y-%m-%d”でしたが date関数は”Y-m-d”なので直前で削除しています。
単純な日付や時間はこれでいけると思いますがそれ以外のものは要検証ですね

最後に

以上が無理矢理な対応法ですが、もちろんこれは正攻法でも何でもなく、本当はそれぞれが対応するバージョンアップするのが一番だと思います。

とはいえ、とりあえず動くための何らかのレシピの一つになればと言うことで敢えてまとめました。
あと「このやり方でやったけど動かなくなったぞ」と言われても私は「災難でしたなー」としか言えないので十分に検証した上で試してみてください。

最後に私からの一言。

「意地張らずにLaravel使おうぜ!」

 

それではまた…

執筆者:松本[ エンジニア ]

関連記事

マークアップ

背景に画像や動画を置いてパララックス効果で見せる

サイトを作っているとスクロールした時に背景画像などを固定させておきたい、パララックス効果を使いたいという時があると思います。 簡単なものであれば簡単なcssで実現できます。 目次1 背景画像をパララックス効果で見せる1.1 DEMO1.2 HTML1.3 CSS 背景画像をパララックス効果で見せる DEMO See the Pen Untitled by kkdd (@kk8kk) on CodePen. なんとなくよく見る感じの表示になっていると思います。 HTMLとcss […]

スマホアプリ

Android Studioでベクター画像を登録しよう

Androidアプリを作成しているとアプリ内のアイコン画像を追加したい、ということありますよね。 そんな時は画像の解像度を気にせず使用できる、ベクター画像を使用すると便利です。 Android Studioでは、ちょっとした手順を踏めばベクター画像をdrawableリソースの中にxmlファイルとして生成してしてくれます。 簡単なので、早速進めてみましょう。 目次1 Android Studioを開こう2 ベクター画像の登録画面を開こう3 クリップ・アートで登録してみよう4 ロ […]

マークアップ

属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけよう!

例えばpdfのアイコンをつけたいときに『pdfIcon』をというclassをつけて表示させる、という方法があります。 ただ動的に表現したい場合などにちょっと不便だなと思うこともあるかと思います。 そんな時は属性セレクターを使ってファイルごとにアイコンをつけることができます。 早速属性セレクターを使ってみよう 属性セレクターはを使えば指定された値が存在していたら指定されたcssを適用する、という感じの動作をしてくれます。 書き方としては「属性$=”値”」 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。