【Illustrator】長文をカラム分けして読みやすくする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーフレットやチラシなどの印刷物を作る時、長文をカラム分けすると文章が読みやすくなります。
このカラム分けされたテキストボックスは互いにリンクされており、片方で改行などの編集をすると、溢れたテキストが自動で次のテキストへ送られるようになっています。

領域を作ってリンクするだけなので、非常に簡単です。ぜひ習得してください。

やり方解説

手順1:四角オブジェクトを配置する

まず、カラムを作成したい領域を決めて、四角形オブジェクトを配置します。



手順2:四角オブジェクトをテキストボックスに変換する

文字ツールに持ち替えます。文字ツールで四角形オブジェクトの隅をクリックすると、テキストボックスに変換することができます。
横書きの場合はオブジェクトの左上の隅、縦書きの場合は右上の隅をクリックしてください。


テキストボックスに変換できたら、テキストを流し込んでみましょう。
「+」マークは、テキストがボックスの外にあふれている時に表示されます。



手順3:複数のテキストボックスをリンクする

もうひとつの四角形オブジェクトもテキストボックスに変換します。


「+」マークをクリックし、


2つめのテキストボックスの左上隅(縦書きの場合は右上隅)をクリックします。



テキストボックスがリンクできました。


これで、行間など様々な編集を加えても、連動してテキストが修正されます。

YoutubeChannelのご紹介

同様の内容を、動画でご覧になれます。

https://youtu.be/Jtq3XRCM_bU


執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

プログラミング

【phpdotenv】PHPで環境変数を取り扱うお話

PHPでサーバーの環境ごとに設定ファイルを用意する場合、config.phpなどのファイルにデータベースの接続情報やAPIのキーなどをdefineで登録すると思います。 これは昔からある一般的なやり方ですが、例えば「ローカル環境やテスト環境と本番環境で情報を出し分けたい」「GitHubやSubversionなどに接続情報を管理されたくない」ということがあるかと思います。 Linuxの場合は「.env」でユーザーごとの情報をあらかじめ設定することが可能ですが、PHPだとデフォル […]

Webサービス

【CAPTCHA系】reCAPTCHAの代替サービスを紹介するお話

みなさん、reCAPTCHAを使ってますか? CAPTCHAと呼ばれる機能は問い合わせフォームやログインフォームなどいわゆるbot系対策として有効で、その中でもreCAPTCHAは無料かつ簡単に導入できるたため、様々な場所で使われてます。 目次1 2024年4月から実質有料化?2 他にないのだろうか?3 アカウントを作る4 PHPでの実装5 最後に 2024年4月から実質有料化? しかし、2024年4月から今まで100万リクエストまで無料だったのが、1アカウント合計1万リクエ […]

Webサイト制作

Webアクセシビリティの基本を学ぼう!

近年Webサイト制作時に求められる『Webアクセシビリティ』。 正直なんだかよくわからない、ややこしそうだなあと思う方も多いと思います。 自分も勉強中ではありますが、今回は対応しやすそうな内容をなるべくわかりやすくまとめてみました。 一緒にWebアクセシビリティについて学んでいきましょう。 目次1 そもそもWebアクセシビリティってなに?2 基本的な対応内容2.1 色のコントラストをはっきりさせよう2.2 文字サイズを変更できるようにしよう2.3 できるだけテキストベースを心 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。