flexboxとmargin: auto;を使ってレイアウトを組んでみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レイアウトを組むのに便利な『flexbox』
今回は『flexbox』『margin: auto;』を使用していい感じにレイアウトを組んでみましょう。

左に3つの要素、右に1つの要素を置きたい

このレイアウトだと左側の3つをさらにdivなどで囲み『justify-content: space-between;』を一緒に指定する方法などが考えられます。
ただその分余計な囲みが増えてしまう、ということでもあります。

そのため一番最後の要素(右側)の要素に対して『margin-left: auto;』を指定するとここだけ一番右側に寄ってくれます。

HTML


CSS


どうしてこんな動作を…?というとものすごく簡単にいうと余分なスペースを占有するように『margin: auto;』が自動的に調整してくれるみたいです。


左に1つの要素、右に3つの要素を置きたい

こちらの場合、今度は『margin-right: auto;』を指定します。

HTML


CSS




左右と中央、それぞれに要素を置きたい

左右に要素を置いて、中央に一つ要素を置くというレイアウトも中央の要素に『margin: auto;』を指定することで実現できます。

HTML


CSS


中央に『margin: auto;』を指定することでこのような一見特殊そうなレイアウトもできました。
ちなみに中央要素の右側の要素のmarginは余計な隙間ができるので0を指定してください。


flexboxとmargin: auto;を使えば、少ないコードでいろいろなレイアウトが実現できます。
ぜひ使ってみてください。

執筆者:工藤[ WEBデザイナー ]

WEBデザイナー。 最近はWordPressを触るのが好きです。よろしくお願いします。

関連記事

マークアップ

CSSを使わないSVGアニメーションの作り方【キーフレームアニメーション編】

SVG画像をアニメーションさせる時は、CSSを使用するのが一般的かと思いますが、SVGファイルに直接記述してアニメーションさせることもできます。 SMILという名前の、SVGのアニメーション機能です。IEでは使用できなかったため、使いづらかったのですが、今後は気後れすることなく使用できます。 SMILにはざっくり3種類のアニメーションがありますが、複雑なのでまずは簡単なキーフレームアニメーションから、早速試してみましょう。 目次1 静止画のSVG2 基本のアニメーション2.1 […]

スマホアプリ

【Android Studio】Androidアプリでラジオボタンの『選択時』『非選択時』のボタンの背景色と文字色を変える

Androidアプリでラジオボタンを通常のボタンのようにして、かつ『選択時』『非選択時』のボタンを変えたい…ということがあるかと思います。 そんな時はdrawableに要素を用意して、背景色や文字色に指定するだけで簡単に変更することができます。 目次1 ラジオボタンを設置2 背景色を設定3 文字色を設定 ラジオボタンを設置 それではプロジェクトを開きましょう。 とりあえずはラジオボタンを2つ設置しました。 今回はボタンぽくしたいのでラジオボタンのデフォルト要素をクリアします。 […]

マークアップ

祝解禁!IEがなくなって使えるようになった便利なCSS 8選

2022年6月16日、IEのサポートが切れました。フロントのエンジニアにとっての念願が叶った、記念すべき日です。IE6の頃から苦しめられてきた私ももちろんのこと浮かれています。 ただ、IEを除外することによって使用できるCSSが大幅に増え、勉強しなければならないこともまた増えました。少しずつ慣れていきましょう。 今日は使用できるようになったCSSで、頻度が高そうなものからいくつかご紹介したいと思います。 目次1 object-fit1.1 今まで1.2 これから2 filte […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。