WordPressで特定のページにのみベーシック認証をかけて、ID・パスワードを管理画面で設定できるようにしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

main
WordPressで特定のページにのみベーシック認証をかけたい時ってありませんか?
全体にかけるプラグインはありますが、特定ページだと見当たらなかったりします。

今回はベーシック認証をかけて、管理画面からでも簡単に設定できる方法をご紹介します。

ベーシック認証のかけ方

①function.phpにコードを記述する

まずは以下のコードをfunction.phpに記述してアップください。
『認証に失敗しました。~』のテキストは自由に変更できます。



②header.phpにコードを記述する

次にheader.phpに以下のコードを記述してアップします。


今回の記述は3行目部分で固定ページ内の『members』というスラッグを持っている記事を対象にしています。

この部分をカテゴリーにしたいときは


カスタム投稿タイプにしたい場合は



などに変更してみてください。wpの通常の出し分けの記述で対応できるかと思います。

また、『admin』部分はID『password』部分はパスワードを自由に入力してください。
以下のように記述すると、複数設定も可能です。



これで通常のベーシック認証の設定は完了です。


【応用】管理画面からIDとパスワードを設定できるようにする

普通にベーシック認証をかける分には上記までの対応で問題ないのですが、もし運用していく人がソースコードを触れないという場合などにはWPの管理画面でIDとパスワードを設定できるようになると便利です。

今回はカスタムフィールドを使用します。カスタムフィールド部分はある程度分かっている方向けにざっくりと説明します。

————

今回は『Advanced Custom Fields』を使ってカスタムフィールドを作っていきます。
とりあえず新規追加でIDとパスワードを入力できるエリアを作成します。
1 2
■ラベル・フィールド名・デフォルト値→任意のもの
■フィールドタイプはテキスト
■必須は「はい」
■説明は必要であれば入力

で設定してください。

『位置』については全ページに表示されるとややこしいので、今回ベーシック認証をかけるページを選択してください。
3
これで問題なければ『公開』をクリックしてください。

選択したページにベーシック認証を入力するフィールドができました!
4
————

あとはさっきのheader.phpに戻ります。
ここで先ほどのコードを編集して、カスタムフィールドの内容を出力しましょう。


コードはこんな感じです。
とりあえずget_field~のところに各フィールド名を入れてください。フィールドの内容が出力されるようになります。

これでソースコードを直接さわらなくても、管理画面からIDやパスワードを設定できるようになりました!
5

割と自分でカスタマイズして管理しやすいので、ぜひやってみてください。


株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。