【怖くないJavaScript + jQuery】要素の数に合わせて値を自動で付与する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、要素の数に合わせて値を自動で付与します。例えばliの数を数えて、widthを割り振ったりなど様々な事に応用が可能です。CMSが入っていて要素の数が可変の際、「要素を数える」という処理を行ってみましょう。

デモはこちら

まず下準備

まずこちらはいつも通り、必要なファイルを読み込みます。
headerの中に、jQueryと、自分で作ったjavascriptのファイル(今回は count.js とします)を読み込みます。


Step2:次にHTMLの準備

今回は、全体を囲むdivと、その中にliを並べました。divに id=”wrap“を付けています。


Step3:jsを書き込む

「 .index() 」を使用すると、要素の数を調べることができます。


※「 .index() 」は、0からカウントされるので、計算式に使う場合は+1します。(liが3つある場合は、countには2が代入されます)
上記を応用して、読みこんだjsファイル、 count.js に処理を書いていきます。


詳しく書くと、こう。





要素の数をカウントできれば、他にも「liが5個以上の時にはmoreリンクを表示」なんて処理も作れたりします。色々と応用することができますね。



こちらは余談です。.hover()でwidthの値を操作したくて、処理を書いていたのですが、jQueryではwidth:auto;をサポートしていないという事実が発覚し、現在格闘中です。空文字「”」そ代入すれば初期値に戻せるようなのですが、やってみると「0px」になってしまったり…解決できるでしょうか。

執筆者:森島[ WEBデザイナー ]

8bit デザイナーです。 デザイン・マークアップ・映像制作など幅広く担当しています。

関連記事

プログラミング

iOSアプリでREST APIを使うお話

前回のREST APIをiOSアプリでも使うお話です。 こちらも割と簡単ですが、Kotlin=Javaに比べると型に関してはシビアです。 目次1 インストール1.1 CocoaPodsでインストールする。2 使い方2.1 GETの場合2.2 POSTの場合 インストール CocoaPodsでインストールする。 ライブラリが対応していれば簡単ですね。 その後、 これでインストール完了です。 使い方 こちらもAndroidの時と同じような感じでできますが、今回はModelでデータ […]

プログラミング

AndroidでREST APIを取り扱うお話

前回のお話でREST APIを気軽に確認する内容を書きましたが、今回は実際にスマホアプリ内でREST APIのやりとりを行う方法をまとめます。 以前はOkHttpというライブラリを使うことが多く、現在もそれが主流になりますが、今回はkotlinで使えるRetrofitと呼ばれるライブラリを使っていきましょう 目次1 インストール2 使い方2.1 GETの場合2.2 POSTの場合2.3 PUT通信の場合3 まとめ インストール 通信するので当然アプリ側にインターネット接続の設 […]

スマホアプリ

無音カメラが国内ではリリースできなかったお話

みなさん、無音カメラ(Silent Camera)で撮影してますか? いきなりグレーゾーンの発言ぽくなりましたが、App StoreもGoogle Playにも無音カメラは割とたくさんリリースされています。 そこで弊社でもその波(!?)に乗り、無音カメラのリリースを検討しました。 目次1 実際どうなった?2 リジェクト理由1 スパイウェアの扱いになった3 ちなみにGoogle Playでは?4 終わりに5 参考 実際どうなった? 結果から言うと、リリースはできませんでした。 […]

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。