【怖くないJavaScript + jQuery】要素の数に合わせて値を自動で付与する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、要素の数に合わせて値を自動で付与します。例えばliの数を数えて、widthを割り振ったりなど様々な事に応用が可能です。CMSが入っていて要素の数が可変の際、「要素を数える」という処理を行ってみましょう。

デモはこちら

まず下準備

まずこちらはいつも通り、必要なファイルを読み込みます。
headerの中に、jQueryと、自分で作ったjavascriptのファイル(今回は count.js とします)を読み込みます。


Step2:次にHTMLの準備

今回は、全体を囲むdivと、その中にliを並べました。divに id=”wrap“を付けています。


Step3:jsを書き込む

「 .index() 」を使用すると、要素の数を調べることができます。


※「 .index() 」は、0からカウントされるので、計算式に使う場合は+1します。(liが3つある場合は、countには2が代入されます)
上記を応用して、読みこんだjsファイル、 count.js に処理を書いていきます。


詳しく書くと、こう。





要素の数をカウントできれば、他にも「liが5個以上の時にはmoreリンクを表示」なんて処理も作れたりします。色々と応用することができますね。



こちらは余談です。.hover()でwidthの値を操作したくて、処理を書いていたのですが、jQueryではwidth:auto;をサポートしていないという事実が発覚し、現在格闘中です。空文字「”」そ代入すれば初期値に戻せるようなのですが、やってみると「0px」になってしまったり…解決できるでしょうか。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都目黒区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
コーポレートサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

Web制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

弊社に制作をご依頼いただく際の費用感をご確認いただける、
見積りシミュレーションをご用意いたしました。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。