【Photoshop】CameraRAWフィルターで写真を補正する

  • はてブ

PhotoshopのCameraRAWというフィルターの使い方を紹介します。
本来はカメラのデータ形式「RAW」を取りあつかうためのものなのですが、JPGなどの画像データにも適用することができます。

画像のトーンや明度彩度、シャープ、コントラト、レンズのゆがみ、色かぶり、モアレの解消…etc
様々な効果がこのフィルターひとつで調整できるため、作業の時短に有効です。

例えば、こんな風に色を補正することが可能です。

a 寒そうな廃屋の写真を、黄身っぽいカラーに変換しました。

PhotoshopでCameraRAWフィルターパネルの開きかた

1.まずJPGなどの画像データをPhotoshopで開きます。

01

2.レイヤーが背景レイヤーになっている場合は、通常のレイヤーに変換してください。
3.該当のレイヤーを選択し、[フィルター]>[CameraRAWフィルター]操作で、パネルを開くことが出来ます。

02

4.プレビュー右下部分のアイコンで、補正前と後を見比べる表示にもできます。

03


CameraRAWパネルの使いかた

基本的には、パネルの右側のツマミを左右に操作して好みのトーンに仕上げていきます。
パネル上部の横並びのアイコンがタブになっていて、基本的な調整以外のこともできます。代表的な機能を紹介します。

基本調整

画像の明るさやコントラストなど、基本的な色の補正を行います。

parts

・色温度
⇒写真全体の光の温度を調整します。
・色かぶり
⇒カメラで撮影した時、背景の壁に色を引っ張られて被写体の色が赤みがかってしまったりする現象を「色かぶり」といいます。実際の色に近づくように調整してみましょう。

・ハイライト、シャドウ
⇒カラーのハイライト部分とシャドウ部分の明るさを調整します。
・白レベル、黒レベル
⇒白と黒、それぞれのMAXを調整します。

・明瞭度
⇒コントラストとシャープを合わせたような機能です。レベルを上げるとパッキリした印象に。
・かすみの除去
⇒写真にかかっている白いもやを取り除きます。



ディティール

シャープとノイズ軽減の機能です。
ノイズ軽減の「カラー」のツマミで、モアレを軽減することが出来ます。

04

明暗別色補正

画像の「明るい箇所」「暗い箇所」の色味を調整できます。
影の部分だけ青っぽく…とかもできます。

06

レンズ補正

レンズのゆがみがでている場合は「ゆがみ」のツマミで調整できます。

05



補正の例


彩度とシャープさをプラスして、ハッキリとした印象に。

b

色を際立たせて、幻想的な風景に

c

個性的な写真をちょっと落ち着かせてインスタ風に

d


慣れると自在なカラーに補正することが出来ます。ぜひ一度お試しください。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ