WebサイトにおけるPDFについて

  • はてブ

こんにちは、石上です。
この1週間でいきなり、年の暮れの雰囲気を感じるようになりました。今回はAdobeのPDFファイルについて話をしたいと思います。
Webサイト以外でも様々なところで色々とお世話になっているPDFファイルですが、今年10年目のファイルフォーマットです。
(ちなみに当社の独自CMS「proG(プログ)」は、PDFはもちろんのことWordやExcelファイルなど様々なファイルのアップロードも簡単にできるCMSです。ご興味のある方は、製品専用サイトを是非ご覧ください)

PDFファイルの主なメリット・デメリット


【主なメリット】
1.ブラウザで閲覧できる
2.Web上からダウンロードして、保存がしやすい
3.セキュリティが高い(閲覧や編集など権限を設けて保護ができる)
4.作りやすい
 ・PC上で印刷に対応したものならば何でも作成できる
 ・スキャナから取りこんだ紙媒体からも作成できる
 ・Microsoft officeから簡単に作成できる

【主なデメリット】
1.ブラウザで開くのに時間がかかる

作成しやすさ、使い勝手などメリットが圧倒的で、デメリットである『閲覧の時間』も容量に注意を払えば特に問題がないですね。
(カタログなど大量のページや写真などの画像を大量に使用したPDFは分割や軽量化の必要がありますが…)

作成する時に注意したいこと

・作成者名に注意
…つい見落としがちですが、作成したドキュメントには作成したPCの作成者名が記録されています。
外部の会社にPDF作成も依頼している場合には注意が必要です。パンフレットや申込書などであれば、それほど気にするレベルの問題ではないと思いますが、CSRなどの機密性・信頼性が重要な資料の場合には注意を払っておきたいところです。
作成者名の確認手順はPDFファイルをダウンロードして、右クリックで「プロパティ」を選択すれば確認することができます。
作成者名以外にも概要などのmetaデータが登録できますので、PDF作成時には注意をすることをお勧めします。

・ファイル容量
…これが一番難しいです。品質(画質)とファイル容量は比例します。
様々な軽量化手段がありますが、Webサイトに掲載するファイルの理想的な容量は数kバイトだと思います。

しかし、パンフレットやカタログなどビジュアルメインの資料ををPDFで掲載する場合には、どうしてもM(メガ)単位になってしまうことが多いと思います。
M(メガ)単位のPDFでは、スマートフォンから3G回線での利用があることを考慮すると厳しい場合がありますので、PDF作成時には容量と画質については検討して、できるだけ軽くした方がよいと思います。
(重すぎて開けない(開くのに時間がかかる)ので、閲覧されなかったという事態になってしまっては意味が無いので…)


PDFはWebでも便利な掲載手段の1つとなっていますが手軽に作れるようになった分、デメリットである「容量」を含めて快適で見やすく工夫・配慮について考えてみてはいかがでしょうか?

8bit

執筆者: 8bit

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ