Android Studioでバージョン管理を行う

  • はてブ

最近Androisアプリを制作することが増えてきましたが、バージョン管理をどうするかで少し悩んでいました。

弊社は基本的にSubversionで管理していたのですが、Android Studioでやろうとすると、どうも上手く行かないことが多く、作業効率が良くありません。

そこで思い切ってGitを使う事で、Androidアプリを制作するときにはこのルートを使おうと考えました。

環境は

Windows 10 Pro
Android Studio 3.0.1 (もう上のバージョンも出てますが…)
TortoiseGit 2.6.0

 

TortoiseGitのインストール

https://tortoisegit.org/ からダウンロードを行う

 

キャプチャ20180522-1
 

インストール自体は画面をポチポチ押しながらできます。
基本的に英語なので日本語化しておいてもいいですね

 

Android Studioで設定を行う

まずプロジェクトを作成します。
ここら辺の細かい説明は割愛しますね。

で、[VCS]-[Enable Version Control Integration]を選択します。

 

キャプチャ20180522-2
 

そこで[Git]を選択してください。

すると、

キャプチャ20180522-4
 

Gitの画面が出てきました。

キャプチャ20180522-5

次にプロジェクトを右クリックして、リポジトリーにファイルを追加します。
その後、同様に[Commit Directory]でコミットします。

キャプチャ20180522-6

TortoiseGitでリポジトリーを作成

リポジトリーを作る場所にフォルダーを作ります(慣例としてxxxxx.gitとするのが良いようです)

そのフォルダーの中に入り、右クリック→[Git ここにリポジトリを作る]を選択肢、リポジトリーを作ります。

Android Studioでmasterとして登録する。

先ほど作ったリポジトリーのパスをコピーし、Android Studioのメニューから[VCS]-[Git]-[Push]を選択すると、[Push Commits]というウインドウが出ます。

 

キャプチャ20180522-7
 

define Remoteで先ほどのパスを入力すると、URLチェック後にプッシュする内容が表示されますので
そこでプッシュを行うと、無事にリポジトリーにプッシュされます。

Subversionに比べて本当に簡単に設定できました。
Share GitHubにすると、GitHubにも接続出来るので本当に便利ですね!

 

執筆者: matsumoto

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ