Flexboxを使いこなそう!-子要素の並び順を指定する-

  • はてブ

Flexboxを使いこなそう!の第2弾です。

[前回]

今回は子要素の並び順の指定の仕方についてです。
並びの指定については『flex-direction』プロパティを使っていきます。
これを使えば『1,2,3,4…』と並んだ子要素を『4,3,2,1…』といったように反対側から並べる事もできちゃいます。


子要素の並び順を指定しよう-横並び-

左から右に並べる

img1
とりあえず通常通りの左から右に並べる方法です。
初期値なので、指定の必要も特には無いのですが一応。

HTML


CSS


DEMO

並びの指定については冒頭で述べた通り『flex-direction』プロパティに対して指定をします。
今回は『row』を指定して想像通り『1,2,3,4…』と並んでくれました。
ちなみに今回も親要素に指定をしてあげますので、ここだけ注意してください。


右から左に並べる

img2
次に右から左に並べてみます。
HTMLは前項のままで、cssを少し書き換えてあげるだけで実現できます。

CSS


DEMO

flex-directionに『row-reverse;』を指定してあげるだけで要素を右から左に並べることができました。
ただ、今回の場合だとDEMOのように右に寄ってしまいます。
対応方法もありますが、そちらは追々…。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4667789978705365"
data-ad-slot="9480048027"
data-ad-format="auto">



子要素の並び順を指定しよう-縦並び-

上から下に並べる

img3
正直ぱっと見Flexboxを使っているのかわからない感じになります。

HTML


CSS


DEMO

今回は『column』を指定してあげました。
これで横ではなく縦に並んでくれます。


下から上に並べる

img4
前項と同じHTMLを用意しても、下を1として並んでくれます。
CSS


DEMO

今回は『column-reverse』を指定しました。
要素が逆に並んでくれるのって不思議な感じになりますね。

[追記] 新しい記事を書きました。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ