【Illustrator】複数の要素のカラーを一括で変更するワザ

  • はてブ

今日はアプリのモックアップなどを作成する時に便利なTipsを紹介します。

01
例えばこの状況で、headerの色やボタンの色に変更が入ったら、とっても面倒ですよね。ページがたくさんあればなおさらです。
沢山あるオブジェクトをひとつひとつ選択して色を変更しても良いですが、実はこの作業はもっと時短できます。






共通の塗りをまとめて変更する2つの方法

時短の方法は2つあります。Illustratorって便利ですね。

方法1:何度も使用する色を「グローバルなカラー」としてスウォッチに登録する
方法2:共通の色を選択する機能を使用する


方法1:何度も使用する色を「グローバルなカラー」としてスウォッチに登録する

◆そもそも「グローバルなカラー」に登録するとどうなる?
下記GIFアニメーションのボタンやリンク文字に使用されている■青色は、スウォッチにグローバルなカラーとして登録されている状態になっています。スウォッチパネルから色を変更すると……該当の箇所の色を一括で変更できました。とても便利な機能ですね。

06
では登録の手順を紹介していきます。


1.オブジェクトを選択する
今回はこの赤枠で囲った緑色を登録してみましょう。スウォッチに登録したい色のオブジェクトを選択します。

07

2.スウォッチパネルの右上の右上のメニューから「新規スウォッチ」を選択します。

08

3.小窓が開くので、「グローバル」にチェックを入れ、OK。

08

スウォッチに緑色が登録されています。

09


4.同じカラーのオブジェクトにこのスウォッチを適用させれば完成です。
オブジェクトを選択して、スウォッチパネルから色を適用します。
文字色や背景などを登録しておくと、後で調整する時に大変便利な機能だと思います。


例えばドット絵の素材を作る時にも。

10




方法2:共通の色を選択する機能を使用する

この機能を使用すれば、同じ塗りのオブジェクトを自動で全て選択してくれます。

1.まずはオブジェクトをひとつ選択します

03

2.[選択] > [共通] > [カラー(塗り)]

02

同じ塗りカラーのオブジェクトが全て選択されます。後は選択した状態のまま色を変更すればOKです。とても簡単ですね。

04


「カラー(線)」を選択すれば線のカラーでまとめて選択することができます。



森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ