知っておくと便利なcssの小技 part2

  • はてブ

こんにちは、工藤です。
今回は個人的に知っておくと便利だなと思うcssの小技part2をご紹介します。
前回⇒知っておくと便利なcssの小技 part1

2行目のインデント以降にインデントを付ける

img01
上の画像のように2行目以降はインデントを付けたい…という時はありませんか?
そんな時に簡単なコードで済ませられる小技です。

DEMO



padding-left:1em』『text-indent:-1em』を指定するだけで2行目以降が1文字下がって表示されます。
アイコンなどは適宜backgroundやcontent等で表示させてください。



コンテンツの高さを揃える

img02
コンテンツの高さを揃えたい時、ありますよね。
そんな時に便利なのが『table-cell』です。

DEMO



親要素であるul.contentsListに『display:table』を指定します。
次に子要素であるul.contentsList liに『display:table-cell』を指定します。
要はテーブル組にしてしまいます。テーブル組って隣り合った要素の高さが揃いますよね。

これで完了です。『vertical-align:middle』などで上下の文字の中央ぞろえもできます。

ただ注意点がテーブルと同様にマージンが使えないということです。
隙間を作りたい場合は以下の方法を使います。

隙間を作りたい

img03

DEMO



border-collapse:separate;』『border-spacing』を親要素に指定します。
これだけで子要素に隙間を付けることができます。
ちなみにborder-spacingはpadding等と違って『border-spacing:左右 上下』の指定になるので注意してください。
また、最後と最初の要素の左右に隙間を作りたくない場合はちょっと向かない作りかもしれないです。

それ以外は簡単に高さの揃った要素を作ることができるので、ぜひお試しください。

工藤

執筆者: 工藤

日々勉強中です。どうぞよろしくお願いします。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ