「コメ展」に行ってきました。

  • はてブ

先日、企画展「コメ展」に行ってきました。

会期:2014年2月28日(金) – 2014年6月15日(日)
展覧会ディレクター:佐藤卓、竹村真一
会場:六本木 21_21 DESIGN SIGHT
URL:www.2121designsight.jp/program/kome/


名前からしてお腹が空いてきそうですが、素敵な展覧会だったので折角なので記事に。
展示場内は静止画なら自由に撮って良いとのことで、Twitterのハッシュタグ「 #コメ展 」で呟くと展示場内にあるビジョンに映し出されたりするそうです。

01

02 入ってすぐまず「コメ」。これでもかって言うほどの「コメ」。

03 コメ展とのことで、何を展示するんだと言う所ですが、以外に参加型のモノが多く、目で楽しむだけでなく実際に触れて身体を動かして楽しむこともできます。

04 こちらも参加型のモノで、ルーペを使ってよく見ると…

05 小さなコメ一粒に輝く「酒命」の文字。

06 「梅干」。

11 実は受付を通った時にキットを渡されていまして、こちらに皆好きな文字を書いてくださいというもの。
面白い作品は入り口の所に飾られるそうです。

10 階下を覗くと早速みんな一生懸命書いています。

14 私もせっかくなので。どんぶりめしと書いてきました。

16 飾られますように。

17 ふっと後ろを振り向くとカップルが記念撮影していたりしました。ここに立ってお米になりましょう。

18 もちろん、お米を題材にした展示もたくさんあります。

19 角を曲がると凄い存在感の鏡餅が置いてあったり。

20 大きい…

21 お米についての基本を学びます。

26 なんだこれ。何もない?

27 あっ。(お米一粒で0.072kcalだそうです)

29 様々な種類のしめ縄飾り。

30 こちらはお米の入れ物。お茶碗には大体3000粒のお米が盛られているそうだとか。

31 イカ飯には2373粒。(なんとコメ俵には2,608,695粒!)

32 その隣には何か凄く細かいものが。こちらは何でしょう。

33 「コメ粒茶碗」だそうです。米粒一粒サイズのお茶碗。

34 お米の年表。収穫期などの説明ですね。

35 天井を見上げると「お米の雲」。シャーレにたくさんのお米粒が。綺麗です。

36 ここではお米が炊けます。実際にうちわを仰いで火の下限を調整してみましょう…

37
38 美味しくなさそうなお米が出来上がりました。

39 今度は「コメみくじ」です。

40 入口で渡されたおみくじに、スタンプを押していきます!いいの当たれ!

41 えっ。

42 こんな展示も。食品サンプルですね。

43 私はこれが良いなぁ。

====

山ほど写真を撮ってきたのですが、全部お見せしてしまうのもつまらないのでこのあたりで。
見て回っているだけでお腹が空いてしまいますね。

44 こちらはもう終了してしまったのですが、東京ミッドタウン内でコメ展オススメのお米をその場で精米して販売してくれるブースもやっていました。どちらかというともうこちらが本命みたいな気分になってしまいますね。
普段あまり見かけることの無い珍しい種類のお米を選りすぐって10種類取り扱っていました。


お米に、「朝食に向いているさっぱりした軽い食感のお米」や「もっちりしっかりした夕飯向けのお米」なんてあるんですね。初めて知りました。

45 3種類1kgずつ、途中くじけそうになりながら買って帰りました。

46 圧力鍋で炊いてみましたがもうぷりっぷりのつやっつや。無心でほおばる程美味しかったです。

21_21内のショップは会期中ずっとやっているようですのでそちらでお買い求めもできるようですのでぜひ。


結局食欲で終わってしまいましたが、とても興味深い企画展でした。
会期は6月15日までだそうで、まだ間に合います。六本木までぜひ足を運んでください。

森島

執筆者: 森島

8bit デザイナーです。 コーディング・jQueryなど幅広く担当しています。

株式会社8bit (エイトビット)

東京都渋谷区でWebサイト制作、Webシステム開発などを行っております。
キャンペーンサイトやWebサービスの企画・提案を得意としており、自社での経験を元にアイデアをカタチにするお手伝いをさせていただいております。

制作に関するご相談はお気軽にどうぞ

コンペ参加や相談ベースでもご相談承っております。

お問い合わせ